« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月29日 (木)

連休もお仕事

今日からゴールデンウィーク。
IT系自営業の我が家は、
世間の皆さんがお休みの時もお仕事です。
たぶん、世間がお仕事を開始された時に、
ちょっとだけお休みを取ろうと考えています。

ただ例年、連休中は暇な傾向なので、
猫たちと遊びながら、のんびりと仕事をします。

ちょっと、自分の心の整理の為に、
連休中は先代猫の事を書こうとも思っています。

Photo

妻の手の平を枕にして寝る夢ちゃん。
この子達、特に夢ちゃんは妻の事を信頼しきっています。

まだ母猫が必要な時期に、人間の都合で引き離されていますから、
寝ている妻に乗ってふみふみしたり、
妻のお腹周りを見て、おっぱいを探す素振りもします。

私の事は雄だとわかってるようで、
私にはしません。
(お腹の上でふみふみはしますけど)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月26日 (月)

姉妹喧嘩

深夜の運動会が終わり、気持ち良い朝を迎えた我が家は、
朝から運動会第二部が始まりました。

家事の邪魔になり、業を煮やした妻がケージに子猫たちを収めますが、
元気な子猫たちは金網デスマッチ(姉妹喧嘩)を始めます。

Photo_2
ちょっとしたじゃれつきが、

Photo_3
喧嘩の発端となります。

Photo_4
「いたーい!チョークチョーク!!」

Photo_5
両選手バックマウントポジションから再開。

Photo_6
数分後まったり。

Photo_7
仲直りしてグルーミング。

子猫たちの喧嘩は見ていてハラハラします。
しかし無闇に介入する事は、
逆にストレスを溜めさせる事にもなりかねず、
姉妹仲が悪くなる事もあるために、悩みます。

あまりにもエスカレートしている場合は、
目や耳へのダメージも心配して、
猫じゃらしなどで気を反らせますが、
今日のような場合は、静観するに留めています。

子猫のうちの追いかけっこも姉妹喧嘩も、
野生の中では大切な訓練です。
追いかけっこは狩猟のシミュレーションとなり、
姉妹喧嘩は、外敵から我が身や子供を守る戦闘訓練です。

室内飼いだから無用と考えるかどうかは、
飼い主の考え方と思いますが、
我が家では、出来るだけ放置(ハラハラしながら見守る)
しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

月の干満と猫たち

夜の大運動会

子猫たちの深夜の運動会が始まり、目が覚めてしまいました。
(ちょっとだけムッとしたので今日は背景は黒ですw)

一方、今日の我が娘達は少しハイな状態。
あやす為に抱っこしてみたら、今まであまり大きく喉を鳴らさなかった
夢ちゃんが「ゴロゴロ~」と言っています。

愛ちゃんもうるさいほどにゴロゴロと喉を鳴らしています。
ふたりとも気持ちが高揚しているようです。
そろそろ満月が近いからかな?と、
以前自分の作った月齢計算プログラムを見てみます。

Photo
(プログラムの基礎データと計算式は、
国立天文台の長沢工さんの著書を参考にしています)

見てみると水曜日以降が満月です。
性的な成熟には至っていない我が家の子猫たちですが、
行動心理的には陽気とともに月の影響を受けているような気がします。


満月・新月と動物の行動

月の運行が動物たちに与える影響は、
動物学者なら誰でも知っているはずですし、
こと水産関係の方なら重要な命題ともなっていると思います。

私は釣りを愛好する単なる釣り師ですが、
月齢計算や潮汐予測計算プログラムも自前で作ってしまっています。
これは、数十年の釣りの経験で、満月や新月の時に起きる、
魚たちの産卵行動が釣果に大きく関係する事を実感しているからです。

これは潮汐のある海だけでなく、干満の無い淡水でもそうです。
湖に棲むワカサギが、春の満月や新月の時に一斉に産卵行動に
出ているのを実際に何十回も見ていますので、それらを
予測するのに月の運行は欠かせない事前情報となります。

そしてこれは魚たちだけでなく、猫などの哺乳類もそうです。
釣り好きなタクシー運転手さんの中には、

「大潮(満月や新月)が近づいた夜は、クルマに轢かれた猫の死骸が増える」

事を知っています。
普段はクルマの危険を知っている猫でも、
ハイになって冷静でいられなくなってしまい、無理矢理、
道路を横断してしまうが為の悲劇です。


我々人間も哺乳類

前述のタクシー運転手さんの中には、

「大潮(満月や新月)の夜は、酔客が多い」
「大潮(満月や新月)が近い金曜の夜は、売り上げが上がる」

と言う人もいます。
人間もハイになってしまいがちなのでしょう。
人間の生殖行動、そして誕生や死も、
月の影響を受けると言われていますが、あながち
迷信ではないと思います。

そして月の運行は、動物だけの影響にはとどまりません。
最新の研究では、満月や新月の頃に地震が良く起きる事が
指摘されるようになっています。

http://osaka.yomiuri.co.jp/science/news/20100201-OYO8T00576.htm

これはデータを重視する釣り師の中では昔から言われていた事ですし、
私自身が、「この日が本命」と思っていた釣り時期に、
地震が起きてしまっている経験が何度もあります。
いつ地震が起きてもおかしくない、不安定な地殻や地盤では、
月の引力が引き金になってしまう、という事と思われます。


猫のトイレは室内で

さて、猫の話に戻ります。
先代のモカは、推定1歳半の時に不妊手術を施しました。
サカリがきつく、見ていられないほどに可哀想だったので
手術を行いました。

しかし手術後も、他の猫のサカリの時期、満月や新月が近づいた頃は、
サカリは起きずとも気持ちがハイになっていて、
私が雄猫代わりに良く追いかけっこをしてあげていました。
(子宮や卵巣を摘出しても、猫の根源的な本能までは摘出出来なかったという
事となります。)

室内飼いの猫なら、このような家の中での運動会だけで済みますが、
外飼いの猫の場合、猫の行動に十分に注意してあげて欲しいと思います。

大潮(満月や新月)前の数日、夜中のうちに私は良く釣りに出かけますが、
その道中で、クルマに轢かれて無残な姿になっていた猫の中には、
首輪をしている子も多いのです。

外飼いの飼い主さんの中には、トイレは猫に任せて外で済まさせて
いる方も多いと思います。
(住宅地では多くの場合、外飼い猫の糞害、尿害で迷惑を受けている方がいます。
実は我が家も迷惑を受けていたりします)

外飼いの飼い主さんで、月齢を気にする人などは多くないと思いますし、
満月や新月などを気にせず、猫が外に行きたがる時は(トイレの都合で)
外に出すようにしているはずですが、上述のような事故に遭い、
帰って来ない悲劇もあり得ます。

理想的なのは、外飼いであってもトイレは室内で済ますようにしつけ、
そして猫がハイになっている時は、出来るだけ家に閉じ込めてしまう。

外飼い猫は自由奔放なため、出来る飼い主さんは多くないとは思いますが、
猫を大切に思うのなら、一度考えてみていただきたいと思います。


さて、明け方になり、子猫たちもそろそろ疲れてきたのか、
眠りに就いたようです。
この子達も秋にはサカリが始まるかも知れません。
1回は産ませてあげたいと思いつつ、
オムコさんのツテは今の所ゼロ。

考えなければいけませんね....。

にほんブログ村 猫ブログ サイベリアンへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年4月25日 (日)

朝のスナップ

晴れた朝のスナップ。

Photo

Photo_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月24日 (土)

初めての病院

今日は朝から病院へワクチン接種と健康診断です。

子猫たちが我が家に来て、ひと月弱。
健康上、目立った心配はないというか、スクスク健康過ぎに育っていますが、
行きつけの先生に見て貰って、健康診断とワクチンをお願いする事にしました。

Photo_7

妻の膝の上に2匹を入れたカゴを乗せてドライブ。
先代のモカも最後にお世話になった動物病院は、
自宅からクルマで30分の場所にあります。

我が家のある住宅街は、ほとんどが一軒家。
高齢者も多く、ペット率はかなり高い。
この為、動物病院は乱立しています。

近隣にはアメリカ帰りの高名な先生がいる病院、
そして高度な検査や手術をしてくれる病院もあります。

我が家は歩いて行ける距離に高度医療を受けられる
病院が複数あるので、地の利に恵まれていると思います。

ただ、先代のモカの経験上、飼い主や患畜の目線で
見てくれる医者はなく、遠いながらも今の先生にお願いする事にしています。

Photo_8
待合室の愛ちゃんと夢ちゃん。
不安そうですが、大人しく待っています。

Photo_9 Photo_10

問診中の2匹。
怖がっていますが、平静を保っています。

Photo_11
聴診器を当てられる夢ちゃん。

Photo_12 
エリザベスカラーを装着される愛ちゃん。
Photo_13
お花~。

2匹で計1時間ほどかかって、健康診断とワクチン接種が完了。
それなりに怖がっていましたが、姉妹一緒だと落ち着いていました。
手のかからないよい子達です。

Photo_14
「クンクン、いい匂いがするにゃぁ」
(帰りにケンタッキーフライドチキンのドライブスルーで)

ケンタへ寄ってフライドチキンを買い、
妻が軽く茹で、塩抜きしたモモ肉をご褒美に与えます。

初めての病院で疲れたのか、グッスリ眠る子猫達。
Photo_15

次回は5月半ばに2回目の接種の予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

体重測定:82日目

3回目の体重測定。

Photo
愛ちゃん1789g

Photo_2
プラケースが210gあるので、ちょっと動くとすぐに重量オーバー。
今日はプラケースの中が気に入った様子。

Photo_3
夢ちゃん1590g
ちょっと愛ちゃんに離されてしまいました。

Photo_4
予想通りというか、プラケースで遊びだします。

Photo_5
姉妹で取り合い。

Photo_6
プラケースごと人間用の体重計に乗って貰い、愛ちゃんご満悦。

この子達、何キロまで行くだろうか?
愛ちゃんは7キロ代まで行くかも知れません。
夢ちゃんは5キロくらいかな。

いちおう来週、5kg計を買いに行こう....

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月23日 (金)

猫じゃらし動画

猫じゃらし風景の動画をアップ。

姉妹同時に首を振る子猫たち。
首を疲れさせてゴメンね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月22日 (木)

初めてのお風呂

昨日、神奈川は気温が25度近くまで上がり、汗ばむ陽気。
子猫たちに初のお風呂を浴びさせました。

まずは愛ちゃんから。

サイベリアンらしく水(お湯)は怖くない。
でもシャワーの音は苦手のようです。
Photo

やさしく丁寧にシャンプー後、お湯に漬けます。
2
湯船もまんざらでもなさそう。

Photo_2
きれいな毛です。

2_2
濡れ猫~。

Photo_3
猫専用にしたバスタオルでフキフキ。

Photo_4
25年モノの布団乾燥機。
ドライヤーを怖がる猫用。黄色いノズルから出る風をドライヤー代りに使用。
風は熱すぎず、音も静かで風量があります。
先々代のミーちゃん親子、先代のモカも使った、
我が家の猫用お風呂用品です。

Photo_5
愛ちゃんの受難を余所に、夢ちゃんは涼しい顔。
次は自分の番とも知らず....

Aichann
愛ちゃん、乾燥作業から解放されてプチ放心状態。
80年代暴走族レディースの様な雰囲気が漂います。

Photo_6

Photo_7
その後グルーミングに突入。

次に夢ちゃん。
Photo_8
桶に張ったお湯に興味津々でしたが、
やはりシャワーの音が苦手。

Photo_9
お湯に漬かるのは、こちらもまんざらではなさそう。
いつか家族一緒でお風呂に入りたいね。

Photo_10
こちらもやさしくシャンプー。
長毛猫の宿命で、かゆくなる首周りを良く洗います。

Photo_11
こちらも濡れ猫ですが、
気持ちよいのか夢ちゃんはされるがまま。

Photo_12
フキフキ。

Photo_20
どこかで見たデジャヴ。

Photo_13
既に立ち直った愛ちゃん乱入。

Photo_14
風が顔に当たらぬように注意しながら、布団乾燥機でブローします。
この子達の毛はグルーミングブラシで毛を整えながら乾燥させると、
短時間で乾きました。

Photo_15
乾燥が終わって開放後、即グルーミング開始。
愛ちゃんは既にウトウト。

お風呂上がり後のスッキリ幸せそうな寝顔。
猫達のこういう顔が嬉しくて、バカ親達は苦労してシャンプーさせます。

Photo_16

Photo_17

Photo_18
Photo_19

我が家に来て初めてのお風呂。
白い毛が綺麗な白に戻り、二人とも縞模様がはっきりとして美人度アップ。
初のお風呂は無事終了しました。

水を怖がらないサイベリアンとはいえ、
初めてのお風呂では人間側も緊張します。
水を嫌わないか、人間不信にならないか、
そして湯上がり後に風邪をひかないか。
体調や信頼関係、そして日中の気温・湿度などを検討しながら、
初のお風呂としました。

さて、この子達はお風呂を嫌わない事がわかって、
また布団乾燥機の風ですぐに乾く毛質な事もわかり、ひと安心。
これから、定期的にお風呂に入って貰いますよ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月19日 (月)

子守歌

個体差がありますが、猫の中には歌を歌って貰うのが好きな子がいます。
基本的に、シンプルで美しいメロディの歌が好きなようです。

先代猫のモカは、妻の歌が大好きで、妻の歌に合せて、
しっぽを振ったり、しっぽを床に叩いてリズムを取っていました。

25年前に飼っていた先々代のミーちゃんは、当時流行っていた、
ユーリズミックスの「There must be an Angel」が大好きで、
この歌がかかると、スピーカーの前で寝転ぶのが常でした。
「There must be an Angel」は、今もCMソングの定番ですね。

「ララリララリァー、ラーラー、ラァラララー」

のスキャットで始まる、あの歌です。
「Sweet Dreams」など、暗いイロモノ的なユーロテイストで
ヒットを飛ばしていた当時のユーリズミックスのヒットナンバーでは、
珍しく美しいメロディの歌だったように思います。

さて、我が家の愛ちゃん、夢ちゃんも歌は大好きなようです。

Photo_13
夢ちゃんが強くなってきて、ここの所、機嫌が悪い愛ちゃん、
膝の上に乗せてもむずがります。

Photo_14
でも歌を歌ったら、ゴロゴロ言って寝息を立て始めました。

2
カメラのシャッター音に気づいたようで、愛ちゃん少しタヌキ寝入りしてます。
よく見たら、足下に居た夢ちゃんもウトウトし始めました。

Photo_15

歌が大好きなふたりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

石鹸の匂い

風呂上がりのボディソープの匂いが好きな夢ちゃん。

Photo_6
「くんくん」

Photo_7
「いい匂いだにゃぁ」

Photo_8
ガブリっ
(いてててっ!)

Photo_10
「噛んじゃだめなの?」

Photo_11
じっとベッドの上から見る愛ちゃん。
真似してじゃれついてくるかと思ったら、

Photo_12
ウトウトし始めちゃいました。
かわいいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月18日 (日)

お散歩

今日は朝から良い天気。
猫達を1匹ずつ抱えて、家の周りを軽くお散歩しました。
とはいえ、本当に小さな、猫の額ほどの我が家の敷地周辺を、
抱っこしたまま数周しただけです。
でも我が家では、お散歩は先代猫の頃からの行事です。

室内飼いでは、脱走は付き物です。
先代猫のモカは12年の間で、3~4回ほど外に出てしまいました。
しかし以前から抱き抱えて家の周りを定期的に散歩し、
土地勘を養わせていたので、
遠くへは行かずに、家の周りにいるだけで済みました。

そして万が一の際に備えて、
「部屋に戻れる窓」を覚えさせていたのが役立ちました。
抱き抱えて外から窓に立たせ、自分で室内に戻るよう、
何度か訓練しただけですが、
この体験で「この窓から家に戻れる」事を無事覚え、
数度の脱走の際には、この窓の周りで発見出来ています。

猫の空間把握力、記憶力は、かなりの物と思います。
殊に特殊な体験をした場合、ずっと記憶に残るようで、
日常とは全く違う空間、「室外」に出た体験は、
例え抱き抱えられていた中でも長期間覚えているようです。

「愛ちゃん」も「夢ちゃん」も、今日は緊張しつつ
周囲をキョロキョロと見ていました。
猫の本能から「ここが何処なのか」を必死に学習し、
把握するようにしていた様に見えます。

お散歩というよりも、ゆっくり、ゆっくりと
歩いては止まり、要所要所を観察させるようにします。
これが、いつか役立つはず。

室内飼いの猫は外の危険に慣れていない為、
一旦脱走してしまうと、クルマに驚いたり、
ボス猫に追いかけられたりしてパニック状態となり、
地理を記憶出来ぬまま迷子になる危険があります。

だから、一度室内飼いで育ててしまったら、
決して脱走させない事が最善だと思います。
しかし同居家族や来客の関係で、飼い主の注意だけでは
どうにもならない事もあります。

そんな時の為の備えとして、
「お散歩」は我が家の大切な行事です。

いえ、猫とのお散歩が楽しい、
という正直な気持ちもあるのですけれど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月17日 (土)

昨夜のみぞれ雪

寒暖の差の激しい今年の春、
4月も後半に入っての雪模様は記録級らしいです。

神奈川にある我が家でも、昨夜はみぞれ雪となりました。

417

夜中、サラサラと音がするので見てみたら、道路もクルマも湿った雪で覆われていました。
まだ新車のオデッセイも雪化粧です。

417_2

ただ、家の中は暖房でポカポカ。
子猫たちは妻のPCチェアで寝入ってます。
上の腰当てにのっかってる方が夢ちゃん、
酔い潰れたおっさんの様な格好ですが、これでも爆睡中。

今朝、晴れた日差しに当たって。

417_3

夢ちゃんは相変わらず酔っ払ったおっさん姿勢で寝ころんでます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月16日 (金)

猫もお家を模様替え?

今朝起きてみたら、娘達が部屋の模様替えをしていたw

ケージの中にあったベッドが、

1_4

ケージの外に。

2_4

ケージの前にあった、にゃんこハウスが、

3_4

オーディオ用のワイヤシェルフの横に

4_3

移動してあった。

猫も自分達の暮らしやすいように、
模様替えするんですねぇ...。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月15日 (木)

体重測定:73日目

愛ちゃん 1481g
夢ちゃん 1337g

今月中に2キロ超えそうな勢い。
デジタル秤は2kgまで。
新しいのを買うのも近いです。

416

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月12日 (月)

和風美人?

写真映えのする、マイペース型の夢ちゃん。
大人っぽい顔つきになってきましたが、サイベリアンらしからぬ和風顔。
1_3

流し目。 2_3

上品なお顔です。4_2

猫なべならぬ猫サラダを意図して妻がサラダボールを購入。
5

でも思った時には乗ってくれず、一瞬の隙を見て撮影。
6

折りたたみ座布団に入って寝てます。こうやってみるとまだ幼いですね。
3_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 9日 (金)

ソファ大好き

ここの所、おっとり型で成長の遅かった夢ちゃんの成長が著しい。
ご飯をよく食べられるようになって、愛ちゃんに追いつくようになっています。
ただ、おっとり型からマイペース型に変貌し、やんちゃ度が増したような感じ。

活発な愛ちゃんもすくすく成長していますが、
見た目が大人っぽくなって、そして内面的な成長もしてきています。
マイペースな夢ちゃんに妻の膝の上を独占されると、
スネてふてくされてしまう。
私がフォローを入れて抱っこをすると、
ゴロゴロといいだします。

そんな合間に撮った写真。

1_2

幸せそうに寝る愛ちゃん。2_2

満足そうな寝顔な夢ちゃん。3_2

ふたり仲良く眠っています。4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 6日 (火)

すやすや

1

2

3 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 5日 (月)

桜並木で

新しいデジカメを購入し、
近所の桜並木に行きました。

初めて見る外の景色は興味津々な様子。

Photo_12

妻と一緒に。

Photo_13

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 4日 (日)

体重測定:62日目

我が家に来て1週間あまりで、子猫たちの身体は一回り大きくなりました。
ガツガツともの凄い勢いで食べていますし、遊びも十分。
成長の記録として体重測定をしようと思い、深夜にドンキホーテへ行って、
お菓子用のデジタル秤を購入。

愛ちゃん 1167g
夢ちゃん 1064g

ふたりとも1キロを超えていました。
我が家に来た当初は1キロを大きく下回っていたと思います。

45

さてここの所、雨ばかりで晴れた日が少ない。
仕事用の一眼レフは会社に起きっぱなし。
自宅にある防水デジカメは、手ブレ補正が無い為に、
室内照明では暗かったりブレたりします。
新しいデジカメ、買うか...。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 2日 (金)

猫のしつけ:その2

猫にとって、テーブルの上は未知の世界。
目を離すと、テーブルの上を探検します。

しかし人間に取っては大変困る話です。
放っておけば、人間の食事にも手を出しかねず、
多くの飼い主が悩む事となります。

根気よく、繰り返し叱るのが最善ですが、
それが通じない猫もいます。
我が家の猫たちは、どうも叱られている実感がない様子で、
通常では言う事を聞かないタイプのようです。

ああ、また俺が嫌われ役だなぁ。
そう思いつつ、体罰ではない方法でしつける事とします。

体力のある愛ちゃんは、
ソファから軽いジャンプでテーブルに乗ってしまいます。
私は意を決して、愛ちゃんを叱ります。

愛ちゃんを掴んでテーブルに乗せ、
妻のドライヤーを持って威嚇します。

口を外に向け、体に当たらぬよう気をつけながら、
ドライヤーのスイッチを入れると、
愛ちゃんはびっくりしてパニクります。
次にスイッチを切り、ドライヤーを生き物のように動かした後、
愛ちゃんの目を見て諭すように叱ります。

効果は覿面です。
人間社会での善悪が判らない子猫には、体で覚えさせる方法を取る事になります。

よく、頭を叩いたりする体罰でしつける人を見かけますが、
しかし体罰は百害あって利は僅かと思います。
体罰は「痛さ」で善悪を覚えさせる事ですが、
体罰は特に子猫の体には害もありますし、
暴力は人間への不信を招きます。

私自身、猫に体罰は嫌いですから、
代わりに「怖さ」を知って貰うようにしています。
「やったら怖い思いをする」
小さなうちにそれを覚えれば、
大人になってきつく叱られる事はありません。

もちろん怖がらせるだけでなく、愛情を持って諭さないと、
単なるイジメと受け取ってしまう猫もいますから、
強い気持ちと愛情でしつける事としています。
もちろん、フォローも十分に行います。

後日談ですが、
活発で良く食べる愛ちゃんは、一見して乱暴物のように見えたものの、
自我の発達も早い子のようです。
傷つきやすく、この後シュンとしてしまいましたが、
私の叱り声にはしっかりと反応してくれるようになりました。
頭の良い子ですので、叱り声だけで、
やって良い事と悪い事を学習できるようになったのです。

嫌われる事は覚悟してのしつけでしたが、
愛ちゃんは私を怖い人と思いつつも、なついてくれています。
いえ、しつけの善し悪しというよりも、愛ちゃんの理解力が
私のしつけ以上に優れていたという事と思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 1日 (木)

猫のしつけ:その1

子猫たちは我が家にかなり慣れてきました。
ただ慣れるに従い、部屋の中での追いかけっこに拍車がかかります。
活発な愛ちゃん、おっとり型の夢ちゃん。
おっとり型の夢ちゃんも、遊び心は愛ちゃんには負けていません。
追う方と追われる方の立場を交互に変えて、追いかけっこは続きます。

机の上、テーブルの上にも乗って爆走します。
ペットショップに居た2週間で、人間不信の種も持つ子猫たち。
まずは我々人間との信頼関係が先と思い、きつく叱る事は先回しにしていましたが、
タイミングを逸すると、その後のこの子達にも悪影響を及ぼします。

まずは、安心しきって増長しかねぬ子猫達に、
「部屋には怖い存在が居る」事を覚えさせる事にしました。

先代猫のモカも子供時代、怖がっていたのが、
クイックルワイパーや掃除機の柄です。
猫たちは、これで追いかけられるのが大の苦手。
そしてモーター音も苦手です。

追いかけっこに拍車がかかる中、
部屋にある充電式の掃除機のスイッチを入れて、
追いかけっこの中に加わります。

Photo_11

子猫たちはパニックを起こし、
部屋の隅に隠れ、追いかけっこの狂騒は即座に終了。

ちょっと早いかな、とは思ったものの、
効果は覿面です。
怯えさせる事にも繋がる劇薬ですから、慎重に行っていますが、
体罰を与えずに猫の増長を防ぐ方法として、
先代猫の時代から行っていたしつけの方法です。

そして、怖がった子猫たちへのフォローも忘れずに行います。
2匹同時に抱っこして、敵は去った事を教えます。
固くなった体の力が抜けていくまで、フォローを続けます。

知恵の働く人間の狡さだと思います。
でも、善悪の違いを判らぬ子猫たちに、体で覚えさせる事は、
後々のこの子達の成長に繋がると思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »