« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010年9月30日 (木)

また・・・・(^_^;)

昨夜あたりから夢ちゃんの2回目のサカリです。
前回最初のサカリが今月13~14日。

15日スパンという事で、うーん、ほぼ月の運行と同期してるような....。

前回は私用のクローゼット前ばっかりだったんですが、
今回は何故か妻のPCデスクの周りにばかりおしっこをしてしまい、
妻はちょっと困り気味。

まあ、今のところは床の上だからまだ救われますが、
今後ベッドやソファの上でするようなら困っちゃいますね。

Photo

夢ちゃんのサカリは多分に動物的で、衝動的です。
愛ちゃんと比べて、ストレートに素直というか、無邪気というか。
自我の発達度合いもマイペースのためか、
自制心が効かず、本能の赴くままに行動しがち。

その分、苦しいという自覚はあまりないようで、
その点は救われる所かも知れません。

しかし、最近のこのブログ、
サカリのネタとサカリが終わった平常ネタのローテーションです。

自分のための飼育記録ですので、見苦しい話も隠さずに書いてますけど、
今後もずっとこうなるのでしょうか?

すぐに愛ちゃんの第2弾も来るんだろうなぁ...(^_^;)

にほんブログ村 猫ブログ サイベリアンへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月29日 (水)

衣替え

今夏の猛暑から一転した後は、冷たい雨が降ってばかり。
暑さは多少は戻るかもしれませんが、秋物衣料を出す事にしました。

衣類を出す間、猫たちはケージに隔離。
1

狭い我が家は1時間経っても、まだ衣類を出し入れしての大騒動。
2
「早く出してー」と無言の意思表示で我々夫婦を見つめる2匹。

秋冬用の猫用品を出すのに時間がかかってたりしました。
Photo
写真左のにゃんこハウスと子猫用ベッド。

洗濯してからしまい込んでましたが、
昔の自分たちの匂いが残ってるのでしょうか、
クンクンと匂いをかぎます。

2_2
もう子猫用ベッドは狭いのか、下のクッションを掻き出してしまいました。

Photo_2
ちょうど半年前に我が家に来た頃は、2匹一緒で楽に寝られたベッド。
今は1匹でも狭くて変形しちゃってます。

Photo_3
大きめのにゃんこハウスですが、1匹しか入れません。
姉妹で取り合いしてるので、もう1個買うかどうか悩み中。
(また部屋の床が猫用品だらけになる悪寒....。)

でもせっかく買っても、結局は人間用の家具のほうが気に入ったりするのです。

Photo_4
我が家の衣替えがひと通り落ち着いた後、くつろぐ2匹。

9月後半あたりから、この子達の毛の色が濃くなり始めました。
白い毛はそのままで、ライトグレーの毛がダークグレーに変わってきています。
この子達の衣替えも徐々に進んでます。

雨の降る中、早く晴れないかなぁ....と外を見つめる夢ちゃん。
Photo_5

秋のカラッとした青空が待ち遠しいです。

にほんブログ村 猫ブログ サイベリアンへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月24日 (金)

秋到来

愛ちゃんのサカリも昨日から落ち着き始め、
今朝は姉妹で追いかけっこしてます。
かれこれ10日間くらい、姉妹でサカってたので
追いかけっこは久しぶりです。
(明け方から叩き起こされて困りものですけど)

さて、昨日から急に寒くなりました。
冷たい雨が降り、気温は20度以下。
夜になって我が社にやって来た知り合いの営業君は
外は長袖スーツでも寒いと言ってました。

今朝はエアコンは暖房を入れています。
気温は徐々に戻ってくるでしょうけれど、
今後30度を超えるような暑さはない見通し。

秋色が濃くなってくれば、娘達も冬毛の準備です。
今年2月生まれの愛ちゃん、夢ちゃん、
本格的な冬毛はまだ見た事がありません。

Photo

Photo_2

今でもモフモフしてますが、
冬になって抱っこしたらあったかそうです。

にほんブログ村 猫ブログ サイベリアンへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月22日 (水)

サカリ3日目

愛ちゃんのサカリは、まだ続いています。

床の上で、
Photo

そして家具の上で、

Photo_2

クルル、クルル、と鳴きながら身もだえます。

心配した夢ちゃんが、
時折グルーミングしてあげたりしています。
サカリの症状は、愛ちゃんの方が重症です。

2

愛ちゃんお気に入りの「ぐちゃくちゃ状態のタオルケット」の上で
撫で撫で、というかマッサージ。
敏感になっている腰は避けて、
頭から背中までをさすってあげます。

1
楽になって、スヤスヤと寝入りました。

これから定期的にやってくるサカリ。
もしこの子達が本当に辛そうなら、
やはり考えてあげなければいけないです。

にほんブログ村 猫ブログ サイベリアンへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月19日 (日)

サカリ第2弾

平常運転と書いたその日にもう、
サカリ第2弾です。

今度は愛ちゃん。
トイレの外にオシッコは同じ。
おしりを上に上げるポーズをします。

2_3

そしてずっと、

「クルル、クルル」

と少し苦しそうでかつ、甘えた声で訴えてきます。

元がクールな愛ちゃんですので、サカリも理性的。
夢ちゃんほど衝動的ではありません。

でも、「苦しいよ」と私達に訴えてくる姿は、いじらしいです。

Photo_5

戸惑い、不安そうな顔の愛ちゃん。
撫で撫ですると、少し落ち着きます。

にほんブログ村 猫ブログ サイベリアンへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平常運転

一昨日くらいから徐々にサカリも一段落したようで、
平常運転中の夢ちゃんです。

2
Photo3

毛が濃くて長い愛ちゃんがいつも側にいるので、
短毛に見えてしまいがちですが、やはり長毛猫です。
お腹や首回りもフサフサです。

Photo_2

初のサカリも終えて、大人になっていきます。
でも↑こういう仕草や表情はまだ子供っぽいですね。

秋になって、夜の涼しい風が心地よくなりました。
最近の2匹のマイブームは、窓際の網戸越し。
2_2

いずれ引き戸を開けるのを覚えるでしょうから、
ハラハラしながら見ています。

愛ちゃんの方は、甘えん坊度がさらに増しました。
Photo_3

撫で撫でが大好きで、私がベッドで休憩すると、横にきて
催促してきます。
ビロードのような愛ちゃんの体毛、撫で心地がよいです(笑)

秋の夜長、猫と遊ぶ時間が増えそうです。

にほんブログ村 猫ブログ サイベリアンへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月15日 (水)

サカリ

この子たちの里親となった時から、
いつかは来ると思っていた事が起きました。

ここから先は、少し重い話になるかも知れません。

2日ほど前から、夢ちゃんにサカリの兆候が現れました。
愛ちゃんと比べて発育の遅い夢ちゃんですが、
意外にも愛ちゃんよりも先に始まりました。

ベッドの布団を引きずり落として、ソワソワする夢ちゃん
Photo_3
落ち着きなく部屋の中を徘徊しています
Tv_2

愛ちゃんは夢ちゃんを見て戸惑っています
Photo_4

生後7ヶ月半。
サイベリアンは早い子は半年で来ると聞いていますが、
来るべきものが来たという感じです。

落ち着き無く歩き回り、
普段と違う声で「アゥォー」と鳴き出したり、
トイレの外でオシッコをしたり。

まだ兆候としては軽い感じで、初期の段階なんでしょう。
でも普段と違う夢ちゃんに、姉妹の愛ちゃんも驚き気味です。
そして愛ちゃんにもいずれ、サカリは訪れます。


雌猫を飼う以上、絶対に考えなければいけない事。

手術をすべきかどうか。

これについては雌猫の生涯を看取った人の多くは、
一度は後悔した事があるのではないかと思う事があります。
それは、

「1回だけでも子供を産ませてあげたかった」

という事。
猫によっては本当にサカリがきつい子もいて、
その苦しさから解放してあげたい、
そう思って手術をする場合も少なくありません。
かつての我が家もそうでした。

でも手術をした後、愛猫が年月とともに老いてくるに従って、
愛猫の子孫を見られない事に、後悔の念が沸いてくるのが
正直な気持ちです。

そして愛猫が老いて死んだ時、
その後悔が再び自分を襲う事になります。

ただ、その後悔の本質は、飼い主のエゴだと思います。
愛猫の意志を考えず、子供を産ませたいと思うのは、人間の勝手、エゴです。

でも無理矢理、愛猫の生殖機能を奪い取ってしまうのも、
人間のエゴです。

どちらを選択してもエゴです。

そしてそこまで考えるのなら、
室内に猫を閉じ込めて飼う事もエゴとなります。
逆に外飼いも、近所で迷惑を被る人から見たら、飼い主のエゴです。

そもそも根源を辿れば、猫を飼う事自体が人間のエゴともいえます。
でも、自分で責任を取れるエゴであれば、
エゴでも許して欲しいと思ってしまうから、人は猫を飼うのでしょう。


閑話休題。

学生時代に飼っていた外飼いのミーちゃんが子供を産んだ時の事。
自身は家庭のない寂しい子供時代を過ごしていた事もあって、
とても暖かく、幸せな気分に浸れました。

首も座らず、ネズミよりも小さな子猫が、
1日1日と大きくなって、目が開き、耳も立って、
そしてやんちゃに室内を走り回るようになる。
あどけない瞳で自分を見つめ、膝の上でスヤスヤと寝てしまう。
夜中に目が覚めると、子猫たちが自分にぴったりと寄り添って寝ていて、
不用意に寝返りも打てない。

ほんの数ヶ月間しかない幸せな時間。
でも、妻にもそんな思いを知って欲しいと思うのは、
これは完全に私のエゴ。

よしんば今の娘たちにオムコさんが出来たとしても、
一度に5~6匹も生まれたら、そして娘両方だったら×2で10匹以上。
世話だけで大変。

猫好きな親戚連中が欲しがるのはわかっていますが、
もしも残った子がいっぱい居たら、
その子たちの一生の面倒を見る事になります。

でも、サイベリアンの男子が道ばたに転がってるわけはなく、
サイベリアンのお婿さんを探すのは困難なので、妄想終了。

妻に冗談まじりに

「ノルウェイジャンて親戚だよね?
 だったらノルウェイジャンを掛け合わせて
 サイベリジャンってどうよ?」

と言ったら、

「バーカ」

と返されました....。

Photo_5

はい、その通りですね。
今回は親バカの戯れ言です。

自然の流れに任せて、もしこの子たちが苦しそうなら、
その時にまた考えます。

にほんブログ村 猫ブログ サイベリアンへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 5日 (日)

ネットで見かけた動画

ネットニュースで見かけたネタです。

「誰にも見つからないように、部屋の中をこっそりと覗いている
ネコの動画が動画共有サイト『YouTube』で注目を集めている。」

との事。
動画はこれです。

ロシアのインターネットユーザーが9月1日に公開し、
現在70万以上のアクセスの人気動画になってます。

ただコメントはちょっと懐疑的で、
偽だ、合成だという意見も多いようです。
でもかわいいから、私は気にしません。

渦中の猫ちゃんは、見た感じサイベリアンぽく見えます。
目の隈取りや表情は我が家の愛ちゃんみたいです。
やはりロシアでは普通に見かける猫なんでしょうか。

野良サイベリアンとか普通にいるのでしょうか?
見てみたい気もします。

にほんブログ村 猫ブログ サイベリアンへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »