« 服についた猫毛 | トップページ | 英雄 »

2011年3月12日 (土)

地震

震度5強の地震直後の娘たち。

Photo
愛ちゃんは家具の隙間に避難。

Photo_2
夢ちゃんはコピー機台の下に避難。

私はと言えば、揺れている間中、自宅の仕事部屋で棚や機器類を押さえていました。
揺れが収まり、猫たちが心配で駆けつけたら上の状況。

おびえながらも、しっかりと避難態勢でいてくれました。
ふたりとも、大地震の際でもどうにか生存してくれそうな気がします。

Photo_3
おびえている娘たちを一緒に抱えて落ち着かせます。
2匹一緒だと、安心します。

昨日15時前に発生した地震、東北太平洋岸は大きな被害となりました。
震源から遠い神奈川でも震度5強。
局地的な被害にとどまりましたが、混乱は生じています。

大きな余震があった後、
電車で十数分の市街に出かけていた妻が公衆電話で電話してきました。
電車が止まって再開の目処が立たないとの事。

娘たちを残し、クルマで迎えに出かけると、既に幹線道路は渋滞を始めていました。
東名高速が通行止めとなり、追い出されたクルマがインターチェンジから流入。
クルマで30分もかからない場所へ到着するのに、2時間以上かかりました。
途中、何度も救急車が通り、小さな事故が多数あった事が伺えます。

妻を捜すのもひと苦労。
携帯は全く繋がらず、メールで居場所を教えます。
メールの到着にも時間がかかり、その間、駅周辺をブラブラ歩きました。

駅入り口にはロープが張られ、周辺は人で溢れかえっています。
マックなどのファーストフード店は早々と店じまいしていて、
居酒屋や喫茶店などに入れなかった多数の難民状態の人が、
寒空に立っていました。

その後どうにか妻と落ち合えて合流。
帰路も大渋滞の中、帰宅まで3時間かかりました。

Photo_4
途中、ターミナル駅周辺の交差点を撮影。
街灯は点いているものの、信号機が真っ暗。
何らかの故障の様子でした。


東北地方の被害の深刻さがより明らかになってきています。
救出を待つ人もまだ多数いる事と思いますが、政府は海外からの救援も受け入れて
一刻も早い救出を願わずにはいられません。

そしていずれは来るだろう、関東・東海大地震。
実は猫愛好家に取っては、室内猫の扱いで悩む事になるだろうと思っています。

安普請の我が家ですが、阪神大震災時に無傷で評価の上がった住宅メーカー製。
住宅倒壊のリスクは、気持ち程度低いかも知れません。

でも防犯・治安上の問題で、避難生活でマイホームに住むのは危険。
しかし、共同生活となる避難所へのペットの持ち込みはまず不可能。
室内猫と飼い主にとっては、辛い状況が待ち構えている事になります。
(これはいつか別エントリで書きたいと思います)


小さな余震が続く中、夫婦で帰宅すると、
娘たちはほっとした表情で迎えてくれました。

にほんブログ村 猫ブログ サイベリアンへ
にほんブログ村

|

« 服についた猫毛 | トップページ | 英雄 »

02.愛ちゃん」カテゴリの記事

03.夢ちゃん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/557898/51095735

この記事へのトラックバック一覧です: 地震:

« 服についた猫毛 | トップページ | 英雄 »