« 2011年6月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月30日 (火)

夏の終わり

8月も残すところ1日となりました。
アウトドア好きな自分は、いくつになっても四季の中で夏が一番好きです。

真夜中のひとりドライブ、
ちょっと浸れる1曲。

New Order - Regret

夏も終わるのに、Columbiaの水着兼用の短パンを買いました。
アウトドアはまだまだこれから。
遊びに行けなかった分を、今から取り戻せるかな?

Photo
最近、人間っぽさが増してきた愛ちゃん。

Photo_2
眼力の付いてきた夢ちゃん。

夏が去るのは寂しいですが、
この子たちにとっては過ごしやすい季節の到来です。

にほんブログ村 猫ブログ サイベリアンへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月27日 (土)

体格逆転

先日の横浜の花火の後、妻が今度は隅田川花火大会に
行きたいと言い出しました。

日が変わって、今日は天気悪いかも知れないし、
仕事の進行が遅れているので、ちょっと行けそうにありません。
妻は浴衣着て街を歩きたいようですが...。

ここ7~8年、妻は和服に凝っています。
逆に自分は幼い頃の家庭の思い出もあって、和服嫌いです。
和装の話は自分からはしません。
でも、妻はお構いなしに和装の話を切り出します。

きっかけは、妻が和服に凝り出した頃の事。
洋服のセンスは良くても、和装の衣装感覚のなかった妻は、
自己流の衣装合わせで和服を着ちゃいます。

でもそれは見る人が見れば、チンドン屋(^_^;)
思わず、

「頼むからそれだけはやめて!」

と叫び、妻の持っている帯や紐などを全部出させ、
どうにか恥ずかしくない色あわせにして送り出しました。

それ以来、妻は何かと和服の相談をしてきます。
それだけでなく和服での立ち居振る舞いや、
歩き方も教える羽目に...。

「雨の中で足下が濡れないのは美しい歩き方」
「男は肝(お腹)で着て、女は心(胸)で着物を着るんだよ」

と繰り返し言ってますが、本人は理解してるかどうか。
表面的に言えば重心のバランスになりますが、
でも本当は内面の心がけのお話。
歩き方ひとつも変わってきます。

家が日本舞踊の師匠だったので、
子供の頃、そういう中で育ちました。
でも、それが嫌だったんです(苦笑)
浴衣も和服も着たくないのが正直な気持ち。

中年太りしてからは
「あなた、洋服よりも和服が似合うわよ」
と妻が言うようになりましたが、大きなお世話ですよ~。

2

さて、我が家の娘達ですが、8月に入ってから、体格が逆転。
今まで成長が遅れ気味だった夢ちゃんの成長が著しく、
夏になって再び食欲不振になった愛ちゃんの方が
小さく見えるようになりました。

頭は愛ちゃんの方が大きいですが、、
胴体のボリュームは夢ちゃんが勝りだしてます。
愛ちゃんの倍は食べるので、当然と言えば当然ですが、
食の細い愛ちゃんが少し心配。
また、病院に連れて行こうと思っています。

3_2

目の隈どりが濃くなってきて、愛ちゃんと見間違う事が増えました。

4

愛ちゃんは穏やかな目つきに。
日々成長する娘たちが楽しみです。

3

にほんブログ村 猫ブログ サイベリアンへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月25日 (木)

わろた~

忙しい中でも、息抜きで世界の猫ちゃんのビデオを見てます。

まずはコレ。

ロシア語っぽいキャプションなので、ロシアの猫でしょうか?
こういうお顔のサイベリアンもいますが、毛並みを見るとソマリのようにも見えます。
いえ、ウチの夢ちゃんに通じるリアクションで、思わず笑ってしまいます。

次も同じロシア?

お耳の体操。愛らしい表情がたまりません。
サイベリアンかなぁ。

こちらは有名な動画です。
やっぱサイベリアンでしょうか。

巷ではスリラー猫と呼ばれてるようです。

にほんブログ村 猫ブログ サイベリアンへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月18日 (木)

横浜港花火大会

8月に入っても相も変わらず忙しいとあたふたしていたら、
もうお盆も終わりです。

夏らしいレジャーを過ごせぬまま終わる、というのも寂しいですし、
妻にも申し訳ないので、洋上花火見物してきました。

東日本大震災の影響で、各地の花火大会の自粛や中止が相次いだ中、
横浜港での神奈川新聞花火大会が例年より少し遅れて開催。

周辺は大混雑が予想できたので、
知り合いのチャーターボートさんにお願いしての洋上見物です。

Photo

東神奈川のチャーターボート、STRIKER(ストライカー)さん。
日頃は魚釣りでお世話になってるガイドボートです。

Photo_2

ダンディなキャプテンの柿沢さん。
記念撮影などのカメラマンも気軽にお願いできます。

Photo_3

周辺は交通規制でクルマは入れなくなります。
でもボートならベストポジションへひとっ飛び。

Mm_3

運河から5分ほどでみなとみらい地区へ。
Photo_12

岸壁は幾重もの人だらけでした。
Photo_4
海上保安庁前にポジションを決めます。
ここなら水難事故があっても、すぐに救助が来て安心(^_^;)
Mm2_4

日が暮れてきて、ストライカー僚船の早川艇も到着。
Photo_5

こちらは女性3人のようです。

花火大会スタート。
Photo_6

2

他人を気にせずに花火にひたります。
3

花火の光が水面やホテルの窓に反射して不思議な雰囲気。
Photo_7

水上の打ち上げ船からの軌跡も全て堪能。
4

きれいです。
5

自粛ムードなのか不景気だからなのか、
花火大会は1時間も行われず、実質50分程度。
でも視界を遮るものがない中、十分堪能できました。

その後柿沢キャプテン、気を利かしてくれて運河クルーズで帰ります。
赤レンガ倉庫前。
Photo_8
みなとみらい。
Photo_9
岸壁は駅へ帰る数万の人、また人。
2_2
3_2
陸橋も人だらけ。
でも手を振ってくる人もいて、楽しそうです。
2_3
観覧車が近づいてきます。
Photo_10
色が様々に変わり、これはこれで花火とは違う鮮やかさ。

その後柿沢キャプテンに夫婦そろっての記念撮影を
していただき、クルーズ終了。
ちょっと贅沢な花火見物です。

さて、ストライカーさんはクルーザーボートを計4隻保有し、
釣りやクルージングなど、ニーズに合わせて東京湾をガイドしてくれます。

http://salt-striker.com/
(完全予約制)

今の季節は、納涼を兼ねたナイトクルーズがお勧めです。
日常とは違う、まるでSFの世界のようなコンビナートの夜景、
クラシカルな運河など、陸地からは体験出来ない景色が沢山。

少しずつ口コミで広がり、最近は女性グループでのお客さんも
増えているようです。

さて、夫婦で帰宅したら、娘たちがしっぽでお出迎え。

Photo_11

姉妹でしっぽをクロスしています(^_^)

にほんブログ村 猫ブログ サイベリアンへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年8月 2日 (火)

みみず腫れ~

ご無沙汰しています。
2ヶ月近く更新してなかったです。

毎年、6・7月は忙しくて、去年の同じ時期も更新中断しましたが、
猫のご飯代を稼ぐ為に頑張ってます(汗)

ブログって、無料サービスの場合は長期間更新してないと
大きなバナー広告が表示されたりします。
でも幸いに、このブログ運営のniftyはプロバイダ系。
プロバイダ会員は有料サービスと同じく広告は非表示です。
(niftyと合体する前のinfowebのメールアドレスを使って14年以上たちます)

さて、我が家の猫たちもすくすく成長しています。

Photo

夢ちゃんも少しずつ大人びた顔つきになってきました。
3

寝顔も愛ちゃんに似てきています。
1

ふみふみも日課になりました。
2

次に、馬力や体格に勝る愛ちゃん。
性格も強めですが、さらに女の子らしくなりました。
1_2

夏でもお布団好きで、タオルケットの中で休憩中。
2_2

ふみふみ好きはさらに増して、私が休憩にベッドで休むと、
ほぼ必ずやってきます。

あまり鳴かないサイベリアンですが、おねだりの際は

「にやにゃっ」

と鳴いてふみふみをおねだり。
この時は、子猫の顔に戻ります。
1_3

いつも私の胸元でふみふみするのですが、
膝掛け毛布をクッションにして怪我防止。
3_3

耳元で小さく「ふみふみ~」などとささやくと、ゴロゴロ言って没頭し始めます。
人のささやき声が好きなのです。
2_3

そのうち、口元を膝掛け毛布に押しつけてチュパチュパ体制。
4

(お母さんのおっぱい、本当はもっとたくさん飲みたかったんだよね。)
5

一心不乱に口元を押しつけます。
6

時々ふみふみをやめて、お鼻を私の鼻にくっつけます。
愛ちゃんの愛情表現です。
3_2

猫バカ、親バカにとっては至福の時。
私たちを親と思ってくれての、ふみふみです。

ただし、こんな事にもなっちゃいます。
仕事で疲れて倒れるように寝ている間、
私の二の腕で娘たちがふみふみしました。

Photo_2

爪を切っていても、素でふみふみされると
こういうミミズ腫れ。

親猫として振る舞うのは、覚悟がいりますね。

にほんブログ村 猫ブログ サイベリアンへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年9月 »