« マルガリー太 | トップページ | 猫の想い【1】 帰還猫マメ »

2014年6月24日 (火)

まこ清水

太郎丸のサイベリアン+1日記に来てくれる方、いつもありがとうございます。
この記事は新しいブログへ引っ越しました。

新しいブログのURLは

http://cat.siberian.blog

この記事の引っ越し先は、

http://cat.siberian.blog/2014/06/24/%E3%81%BE%E3%81%93%E6%B8%85%E6%B0%B4/

です。
今後ともよろしくお願いいたします!

|

« マルガリー太 | トップページ | 猫の想い【1】 帰還猫マメ »

04.誠ちゃん」カテゴリの記事

コメント

うけたーー♪
太郎丸さん、ご無沙汰です。
いやいや、あのね、丸刈りイーー太は読ませていただいて、家人と二人、まこ様には申し訳ないけれど大笑いしちゃいました;;
でもね、きっとつぎ伸びる頃には、美しいコートに覆われて、美男美女のカップルになる事間違いないです(^^)
愛様が彼を受け入れてくれてよかったですね!もうカップルになりそうな予感!!
太郎丸さんのお話を聞くと、私達には愛が足りなかったのね・・と反省しきりです;;苦笑

あぁ、ベビニャンができたらどうなるのォ~~(≧▽≦)今からドキドキします、人のお家の事なのに♪

それより、ミネラルウォーターは大丈夫ですか?猫にはタブーだと思っていましたけれど?
お友達の猫飼いが知らずに飲ませていて、速攻結石できてましたよ?
余計なお世話だったら済みません;;

まぁ、何にせよ、まこ様が元気になってくれて良かったですね(^^)
またの更新楽しみに待ってますね!

私は相変わらず更新してませんが、サプ垢でちょこっと更新しました。
最近の二人です、良かったら見てください(^^)http://ameblo.jp/the-sipranos-event/entry-11883063532.html

ペアになったら100%ベビニャンが生まれるそうですから、あぁ、愛と誠の子供って、どんな名前になるんでしょうか?!?!
イノセントとかでしょうか(≧▽≦)キャハハ

あぁ、興奮して済みません、ではでは(^^)/  サプ

投稿: サプラノズ3号 | 2014年6月24日 (火) 01時35分

サプラノズさん、ご無沙汰しています。
いろいろとご心配おかけしたかも知れませんが、
上の通り我が家の3にゃんは元気ですー。

マコちゃんが来て9か月、ようやくここまで来ましたが、
いつも期待を裏切ってくれる我が子たちなので、
あまり先の期待は、まだ出来ない感じです。
(何か吉報があったら、真っ先にお知らせします)

それとミネラルウォーターですが、仰る通りですね。
我が家のミネラルウォーターなんて、そう高級な物ではなく
塩素が少ない程度の国産地下水なので気に留めなかったのですが、
今度しっかりとラベルチェックしてみます。
でも、今は普通に水道水飲んでます。

本当に調子が良いというか、恋わずらいが治ったら、
急に食欲回復してしまった純情君です。
後は男としてどれだけ自覚するかに、恋の成否がかかってる気がします。
(愛ちゃんは、お姫様扱いしてくれる男子が好きなようです)

それと写真、またまたありがとうございました。
雨ばかりで、本当に晴れろと言いたい陽気がこちらも続いています。
1号ちゃん、2号ちゃんのかわいいワイルドな表情も、
この時期目の保養になりますよー。(妻も毎回喜んでます。)

あと、もし子供が生まれたら、ええとまあ、妄想ですが、
仮名で適当に「松・竹・梅」とか「桜・菊・葵」とかにしてしまったりして。

生まれたら全員の世話は出来るかどうか、そういう事も考えて、
誰かに引き取ってもらえるかどうかも考えなければいけません。
(全員の世話をする覚悟がなければ、子供を作らせちゃいけないのが
前提なのでしょうけれど。)

でも期待半分なので、今からの皮算用は禁物です...。
真面目な話、私のお願いを聞いて愛ちゃんが優しくなったのなら、
いつ急にまた前の態度に戻るかも知れません。

リア充たちを内心、ハラハラしながら見てるのが、
正直なところです(笑)

投稿: 太郎丸 | 2014年6月25日 (水) 04時26分

太郎丸さま


太郎丸さんが更新すると、安心しますね(^^)

少しヒートアップし過ぎでしたか・・残念。

まこ様の体力気力回復に尽力されたんですね。
いずれ、まこ様が体力回復して、元気になったら一変に太郎丸家の王に君臨すべく、行動をとるのでしょうね♪
その時は、愛さま、夢さまも惚れ直すのかもしれないな・・・(^^)
当面、愛ちゃんがお父さん好きすぎなのが一番まこ様には問題かな(笑)

ベビニャンの事は、ブリーダーさんのなんか規定?とかあるなら、サイベリアンとか謳わなければ問題も起きなさそうですし、愛様の子供なら我が子に迎えたいという方が沢山居ますよね~、家も迎えたくなっちゃうわ(≧m≦)無理だけどさー

ただ、太郎丸さんがそうできるか(手放せるか)・・心配ですけどね(^^;)

そういえば!私のお友達に4ヶ月の娘(猫)に手を出しちゃったスコちゃんパパが居ましたよ(苦笑)笑えませんがね;;
仔猫が出来たら絶対気をつけたいところですね(≧▽≦)

どこの御宅でも、期待を良い意味でも悪い意味でも猫は裏切ってくれてますね、太郎丸さんの御宅は愛がいっぱい。
私もお話していると良い人になれるような気がします!これからも宜しくです。 サプ

追記:奥様までお写真喜んで下さって有難う御座います!宜しくお伝え下さいね!
なかなかモカちゃんの様な可愛い写真が撮れないんですよね、やっぱ親が悪いものだから、猫までヤサグレちゃって、すみません(-_-)
それと、お水の事余計なお世話して済みません;;

投稿: | 2014年6月25日 (水) 23時47分

サプラノズさん、
優しいお言葉、ありがとうございます。

実は、もうお昼に愛ちゃん逆切れ(^_^;)
愛ちゃんは時々便の切れが悪くて、お尻に付けちゃうのですが、
それをマコが後追いしてしまい、愛ちゃんが「しゃー!!」。

猫にもデリカシーはあるのですよね。
マコに悪気はないのですが、放っておくのも男気です。

で、マコちゃんはまた、いじけモードでケージの中で籠ってます。
愛ちゃんは私たちに綺麗にしてもらった後、ケロッとしてますけれど。
モテない君とツンデレちゃんの行く末は、どうなっちゃうんでしょう(笑)

真面目な話ですが、マコちゃんの詳しい血統書はないので、
もしもの時でも雑種扱いだと思います。

そして本音では1回だけ子孫を残せれば、という気持ちですが、
どちらに転んでも、いずれは処置してあげるつもりです。
母体年齢もあって残る時間は長くない気がします。

実は4年前、初めてサカリを迎えた時に、
飼い主の迷いごとみたいなエントリを書いた事がありますが、
今も迷う気持ちがあったりします。

http://siberians.cocolog-nifty.com/blog/2010/09/post-a616.html

でも本猫の意思が一番。
ダメならダメで良いと思ってる今日この頃です。

あと1号ちゃん、2号ちゃんですが、まっすぐな目元で、
しっかり愛情受けて育ってますよね~。
品ある目元ですもん。

次回、いつになるか判りませんが、
体調が良い時に、ドドドーと更新するつもりです。
また見に来ていただけると、嬉しいです。

投稿: 太郎丸 | 2014年6月26日 (木) 01時39分

こんにちは、みっチャンです。
あ、まこちゃんショートカットですねぇ。
文章読んでわかったんで、これもしょうがないかも。
シャンプー&ブラッシングはすこーしずつ慣らしていくしかないと思ってます。
ちなみに我が家は「タオルドライ」。
ドライヤー大嫌いなんで、洗うのは簡単でも乾かすのが・・・。
話は変わりますが、まこちゃんも夢&愛ちゃんもみんな良い仔と思いますよ。
これからのまこちゃんと愛ちゃんの関係がどうなるか。
良い方向に行くといいと思ってます。

投稿: みっチャン | 2014年7月23日 (水) 09時18分

みっチャンさん、ご無沙汰しています。
コメント、ありがとうございます。
(以前、気づかないですみませんでした)

みるくちゃんもお元気そうですね。

うちの3にゃんですが、同じ部屋に3匹いると、
ストレスが溜まって喧嘩はじめちゃう状況です。

その為、ローテーションして2匹と1匹に分けてます。
なんか、1匹生活の方が好きみたいです。
(サカリの時期は終わったので、秋に期待してます)

関東は梅雨明け後猛暑になって、二部屋を24時間エアコン稼働中です。
電気代の請求が怖いです(笑)

投稿: 太郎丸 | 2014年7月25日 (金) 08時35分

太郎丸さん
こんばんは。

先ほどサブ垢で里親募集が終わった記事を更新したのですが(内容は辛辣ですけどw)
そこに2号の写真を載せたんです。
http://ameblo.jp/the-sipranos-event/entry-11901830262.html

これが少しモカ様に似れた?(ホントかな^^;)ような気がしたのでお知らせさせて頂きます☆
珍しい、私的にはかわいらしく撮れたのです(≧▽≦)

マコ様は少しコートが伸びたでしょうか?
また更新楽しみにしていますね!
あ!でもご無理は無いように。
お体ご自愛下さい☆ サプ

投稿: サプラノズ3号 | 2014年7月30日 (水) 02時01分

サプラノズさん、ありがとうございます!
ツンと立った鼻、本当にモカを思わせます。
桃とのツーショット、可愛いですね!

さて、猫馬鹿な私ですが、
猫は皆、自分の家族に見えてしまっています。
捨て猫はハートにダイレクトに刺さってしまう話題です。
妻がNG出してブレーキかけてくれていますが、
一人では多頭飼育崩壊寸前まで貰ってしまうでしょう。
自分にとって、とても悲しい話です。

人からご飯を貰うしか、食の確保を知らないで育ってしまった猫、
そうやって育てたのは、飼い主です。
野生に戻れず、傷つき、おびえて暮らす事は考えないんでしょうか。
その間にケガをしたり伝染病にかかったり。

ペットを自分の都合で捨てられる人間は、
内面では自分の都合で夫や妻、子や親までも捨てられる性根の
持ち主と思っています。
捨てられたペットの心細さ、絶望をわからない人間は、
人の心でもわからないでしょう。

身勝手な飼い主は、いずれ老後で同じ目に遭うと思っています。

マジレスになってしまいましたが、
近所のキャットシェルターさんのブログを時折見ますが、
切なすぎて読めなくなってしまう自分がいます (´;ω;`)

投稿: 太郎丸 | 2014年8月 2日 (土) 10時34分

太郎丸様

お返事ありがとうございます。
私は今回の友人の里親募集について深く考えさせられました。

後に分かった事ですが・・猫より子供の為を選んだと言う事でした。詳しくはかけませんが・・。
今回の家族を捨てるような已むを得ない決断は、被災地東北でもかなり起こっていますよね。
私も以前までは、このような身勝手な飼い主の猫を捨てる行為しか見えて居ませんでしたが、今回の里親募集で考えたのです、自分も家族を捨てた飼い主も紙一重なのではないか?と。

例えば金銭的にとか心配はなくても、もし私が倒れたら?とか、主人が大病にかかったら?とか考えた事無かったし、ましてや津波で家を財産を無くした事もありませんから・・(TT)

高齢の母も猫を飼っていますが、もし母が飼えなくなって、私の猫と仲良くなれなかったら・・私は迷わず私の猫を守るでしょうし、この家族を捨てた飼い主と自分と大差がないのではないか・・と考えずには居られなかったのです。
家族を増やすとは、そのまま家族として生活するわけですが、優先順位はどうしてもできるのかもしれません、私と主人が飛行機事故にあってしまったら・・・その時はどうすればよいのでしょう。
それくらい考えて誰もが猫を犬を飼っているとは思えません。
それくらいの準備や心構えをして私は猫と暮らすべきだったのに、私には足りない事ばかりでした。
特に我家はだれも頼る事が出来ない二人暮し。
親戚も遠くに住んでいますし、両母なども頼る事は出来ない高齢です。
もし私に何か有ったらを考えて、これからは暮らさなければと考えさせられる里親募集で御座いました。
命を預かる事、家族として暮らす事の責任の重さ。
それらを考えると、とても不安に思えてきます。。。考えすぎても駄目ですが、彼女らの為にも、事故、怪我、病気にはなれないですね。。
私もマジレスです、でも考える事はとても良かったと思っています。

追記 写真見て下さって有難う御座いました。

投稿: サプラノズ3号 | 2014年8月 5日 (火) 00時35分

サプラノズさん、
何かマジレス話にさせてしまい、申し訳ありません。
自分もまた、夫婦二人暮らしなので、同じ思いを持っております。
この子達で最後かな、と思っていたりもします。

実は以前、猫が飼い主を思う想い、を感じざるを得ない出来事に何度か遭遇してしまい、
猫のそういう気持ちを理解していれば、人は悩まずとも行動出来てしまう、
と信じている自分がいます。

今度、そんな出来事を書いてみようかな、と思います。


さて私の地元、神奈川では相模川という大きな川が流れていますが、
河川敷には捨てられた猫がかなりいます。

捨てられたばかりで、人にご飯をねだる猫もいます。
釣りに行き昼食代わりに持って行った菓子パンを、美味しそうに食べる猫を見て、
持って帰りたい衝動に駆られた事も少なからず。
でも、次回猫缶を持って行ったら、もう大抵の子は居ない。

でも捨てる神がいれば拾う神もいて、その後動物病院で知り合った里親さんもそうでしたが、
そういう相模川の捨て猫を引き取られている人や団体もいるようです。

でも、そういう団体の存在があまり知られてしまっては、余計に捨てる人も出てきてしまう。
実は、相模川で猫の死骸が流れてる姿を何度も見てますので、そういう写真を撮ってやりたい、
と思ってしまう事もあります。

野原に捨てるのと、新たな里親探しは全く違うと思います。
私が許せないのは、本当に猫を捨てる飼い主の方です。
それでつい、サプラノズさんのエントリに共感してしまい、
マジレスさせていただきました。

楽しい雰囲気をぶちこわしてしまい、
ごめんなさい。

投稿: 太郎丸 | 2014年8月 5日 (火) 11時49分

いやいや、とんでもない。
謝らないで下さい。
楽しい雰囲気は目指していませんので(^^)大切な事を話せるって素晴らしいですもん。

私の書いたマジレスはあの記事に書いた内容の裏側部分で、太郎丸さんにレス頂いたからこそ、表に出せる事ができてとてもよかったと思っているんです。
太郎丸さん、心の優しい猫飼いの中の猫飼いだと思います、太郎丸さんのようになれませんけど、お話してると少し近づけるような気さえしてきますから、不思議なお方です(^^)

本当に猫を捨てる飼い主がいる・・
どこをどう育つとそのような人間が出来上がるのでしょうか・・
世の中の悲しい出来事のほとんどは、結局教育や家庭で防げる事なのかもしれませんね。
とはいえ、自分もいつおちいるか分からない事も考えずには居られません。

太郎丸さんの”猫の思い”の体験談の記事楽しみに待っていますヽ(´▽`)/
私も猫との不思議な経験をちょっぴり持っているんです、いつか書けたら良いな!
その前に普通のブログを書けるようにならねば(-▽-;)

毎日暑いですね、太郎丸さんお体ご自愛くださいね!素敵奥様にも宜しくです~☆ サプ

投稿: | 2014年8月 5日 (火) 13時38分

サプラノズさん、
心のこもったお言葉で、恐縮です。

サプラノズさんも何か不思議な体験をお持ちなのですね。
ぜひ今度読ませていただきたいな、と思います。

実は自分も子供の頃から多少、不思議な経験をした事がありますが、
あまり深く考えず、生きていればそういう事も
あるんだろうな、と思っています。

お盆休みに入ったら、ちょこちょこと書いていくつもりです。

投稿: 太郎丸 | 2014年8月 9日 (土) 03時37分

太郎丸様

こんばんは、サプです。

おげんきですかー(^^)

今日はお願いに上がりました。

私は選んで猫助けや人助けをwebでしますが

久しぶりにお気の毒と思われる方が居まして。。


泥棒に入られて、泥棒が出た窓から愛猫が外にでられた飼い主さんが居ます。

詳しくはブログを読んでくだされば良いですが、チラシは見にくいので私が作りました。

お願いされたら断りにくいでしょうが、私は断られても全然平気です。

良かったら拡散お願いします!


私のチラシはここに!

http://ameblo.jp/the-sipranos-event/entry-11917606872.html

お気の毒な飼い主さんのブログは↓に

http://ameblo.jp/the-sipranos-event/entry-11917606872.html


お忙しいとは思いますが、よかったらで良いので、お気になさらずに(^^)

サプ地方は先週から涼しい風が吹いて、不安定なお天気です。
そちらも涼しいと噂できいています。
早く過ごしやすくなって欲しいですね、愛様、夢様、誠様も嬉しいでしょう。

太郎丸さんはお体いかがですか?ご自愛くださって、またブログ楽しみにしていますね☆
ではでは。   サプ


投稿: サプラノズ3号 | 2014年8月31日 (日) 00時07分

太郎丸様

先日お願いしましたよねちゃん、目撃されました(≧▽≦)ご心配をお掛けしましたが、生きています、無事です、しかも元気そうですw
飼い主さんを見て・・・逃げたそうですw
とりあえず一安心です。
めちゃくちゃ沢山の方がRTして下さって、もう新潟中の人がしっているくらい(大袈裟ですけど)になりましたw
有難う御座います、本当にお騒がせしました。
取り急ぎご報告までm(__)m

投稿: サプラノズ3号 | 2014年9月 2日 (火) 01時18分

サプラノズさん、
コメントいただいたのに気づいた時は、
もうほぼ解決状態だったのですね。

ご協力出来ずに申し訳なかったですが、
見つかって安堵です。

新潟の猫ちゃんだったのですか。
亡父の実家が新潟の農家で、家に鍵を掛けない風土がありました。
今は従姉妹の代になって違うかも知れませんが、今は全国何処でも物騒ですね。

里親さんを見て逃げてるって事は、パニクってしまってるのでしょうか。
一刻でも早く戻る事を祈りたいです。

更新は、下書きしていたのを、これからアップしていきます!
(上手くまとめられずに半月放置してました)

投稿: 太郎丸 | 2014年9月 2日 (火) 09時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/557898/59866602

この記事へのトラックバック一覧です: まこ清水:

« マルガリー太 | トップページ | 猫の想い【1】 帰還猫マメ »