« 猫の想い【2】 先代猫モカ | トップページ | 誠ちゃん4歳 »

2014年9月 2日 (火)

猫の想い【3】最期を看取ったシロちゃん

これは、ウチのモカがまだ3歳くらいだった頃の話です。
モカの兄猫が湖畔に戻って2年後。
(このお話は、ずいぶん前に某巨大掲示板でも書いた事があります)

幾つもの意味で、猫の生涯や自分達の老後を考えさせられた出来事でもあります。


真冬の夜、私達夫婦はモカを家に残してクルマで外出し、
帰宅は深夜1時を回りました。気温は氷点下近かったと思います。

帰り道、自宅まで50mまで迫った道路で、
道の真ん中に白い何かが見えました。

良く見ると白い猫が道路の真ん中でうずくまって座っています。
私のクルマが接近しても、ずっと居座るので怪訝に思い、
クルマから降りて猫の様子を見ました。

丸くうつぶせになったまま、動こうとしません。
声をかけると、私を見て、か細い消え入るような声で
「にゃぁ」と何かを訴えます。

かなり弱っているようで、体を触ると
氷のように冷えた身体、私の手には膿みのような物がつきました。

何かの病気なのか、このままでは死んでしまいそうな気配がしたので、
猫とクルマをそのままにして、一度我が家に入ります。
念のため、手に付いた膿みを洗い流してアルコール消毒。

家にはモカがいた為、伝染性の病気を持っていたらと心配し、
妻に先日買ったばかりの衣装ケースを準備させ、
使い捨てカイロを何個も敷いて、その上にバスタオルを敷いて
猫を入れて様子を見ました。

夜中でしたが、ちょっとバタバタとしていましたので、
近所の奥さんが様子見に出てきました。
その猫の事を知っていると言います。

名前はシロちゃん。
飼い主は3ヶ月前に入院した老婦人との事。
その後は近所の方がご飯をあげていたと言います。
しかし少しずつ食が細り、ここ一週間は何も食べず、
1~2日前から行方不明になっていたとの事でした。

部屋に戻り、24時間救急の獣医さんを探していると、
衣装ケースからまたか細い声で「にゃぁぁ」と聞こえます。

すぐに猫の様子を見たら、プラケースの中で、
もう、息を無くしていました。

あの猫が深夜、どうして道路上にいたのかはわかりません。
ただ、死に直面した体力で、氷点下の道路の真ん中まで出てくるのは
大変だったろうと思うと、悲しくなりました。

この子は自分の死期を悟ったのだろうか?
死を誰かに看取って欲しかったのだろうか?

いや、最後に飼い主に会いたくて、人間の力を借りようとしたのかも知れない、
などと考えながら、また冷たくなっていく猫の体をタオルに包みました。

そして翌日、近所でこの話が広がって、飼い主の方の息子さんと
連絡が取れて、亡骸は飼い主の元へ引き取られていきました。

あの猫は、猫好きな私達が
道を通るのを知っていたのかな?

生きている時は飼い主さんには会えなかったけれど、
飼い主さんの元に戻れたから、少しは願いは叶ったのかな、
そんな気持ちになりました。

幸せな暮らしをした猫に取って、
飼い主さんは親以上の存在なのかも知れません。

飼い主さんと一緒に過ごした幸せな時間は、
猫に取ってもかけがえの無い時間だったのだろうと思います。

静岡から帰ってきた兄猫マメも、
今回の猫ちゃんも、
飼い主さんの事が大好きだったと思います。

人と猫との絆って、人が考える以上にとても深いな、と思います。

それとともに、私達夫婦が老いた時、シロちゃんのような思いを、
猫たちにはさせたくない、そう思わせてもくれた、出来事でした。

にほんブログ村 猫ブログ サイベリアンへ
にほんブログ村

|

« 猫の想い【2】 先代猫モカ | トップページ | 誠ちゃん4歳 »

01.猫全般の話題」カテゴリの記事

13..少し不思議な話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/557898/60249754

この記事へのトラックバック一覧です: 猫の想い【3】最期を看取ったシロちゃん:

« 猫の想い【2】 先代猫モカ | トップページ | 誠ちゃん4歳 »