« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月

2016年1月24日 (日)

おねだりポーズ

今日はこの冬一番の寒気が列島を覆っているそうです。
こちら関東でも、今朝は暖房を炊いても壁や窓の冷気がすごくて、
部屋の隅は寒い。

そんな中でも妊婦の愛ちゃんは、1日4食ペースでご飯を食べています。
ご飯をねだる時にするポーズがこれ。

Ai02

空の餌皿の前にたたずみ、

Ai01

じっと私の方を見て、

Ai03

ゆっくりと目を閉じます。

変にニャァニャァとねだらずに黙ったまま、
私たちが用意するのをひたすら待ちます。

親バカの心を判ってるというか、
完全に信頼してくれているというか。

結局、その視線に負けてご飯をあげます。
今はロイヤルカナンのマザー&ベビーキャットを多く与えています。

Ai04

食後の妊婦さんの寝姿。
少し、お腹が膨れてきています。

Ai07

健康な子をはぐくんで下さい。

Take01

パパの方は、まだ甘えん坊盛りです。

Take02

膝の上でゴロゴロ言ってます。

にほんブログ村 猫ブログ サイベリアンへ にほんブログ村 猫ブログ ラガマフィンへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

当ブログの著作権について

ここ数日前の事ですが、ある方からウチの愛ちゃんの写真が某所に掲載されている、という連絡を受けました。
そのサイトは私の全く知らないサイトでしたが、確かにウチの愛ちゃんの写真が記事冒頭のアイキャッチとして使用されています。

5.
この写真は、愛ちゃんがまだ生後10ヶ月の頃に撮った写真。当時のエントリはこちら

そのサイトは猫についてのポータルサイトを自称していて、各猫種の紹介をしているようです。
説明内容は、あちこちの猫サイトで説明されている物の抄訳っぽいですが、サイベリアンの写真にうちの愛ちゃんの上の写真が大きく使われています。
もちろん、使用についての連絡を受けた事も無く、承諾した事もありません。

サイトの作りから見て、おそらく個人の素人さんなのか、もしくはモラルの薄い業者さんのどちらかなのかな、と思いました。
で、サイトに広告を掲載し収入も得ているようなので、営利目的サイトなら少し注意しようと思ったものの、コメント欄は無いし、連絡先も見つからない。
どうしようもないので、URLを晒しておきます。

写真パクリサイト:http://neko-diary.com/post-782

このブログを読まれる方には、同じく猫ブログオーナーの方も多いと思います。
自分の猫の写真をパクられてないか、確認した方が良いかも知れません。
(もしパクられていたら、魚拓サイトなどで証拠を確保しておきましょう)

■野菜ドロボーの屁理屈

今回のようなあからさまなものは別として、過去、無断で使われても、こちらから連絡してみたら、すぐに謝罪してくれたり対処してくれて、それで良好な繋がりになった事も多々あります。
猫好きなのですから、まったり仲良くする方が楽しいです。

でも、そうはいかない場合についても書いておきましょう。
自分はこの業界に20年近くいて、著作権は毎度頭を抱える問題でした。

ネットサービスにも関わっていたので、著作権者からの権利主張や侵害被害報告について仲介、対処する事が多かったのですが、一方で著作権管理者や団体担当者さんと話す機会も都度あり、著作権などネット上での知的財産権を取り巻く現状については、そこそこの知識や現状を知る事は出来ていると思います。

堅苦しい法律はさておき、結局の所、権利者の利になるか害になるか、というとてもシンプルな内容に帰結する事が多いので、そこら辺で誤解を与える部分は元々あるのでしょう。
ただ一方で、著作権を侵害する側(多くの場合個人)には、昔から「俺様ルール」が横行しているのも事実で、最初からまともな会話が出来ない場合も多くありました。

曰く、
「そんなにパクられたくないのなら公開するな」
という開き直り、屁理屈で、私はそれを昔から「野菜泥棒の屁理屈」と呼んでいました。

つまり、
「簡単に畑に入れるようにしている農家が悪い。
野菜を盗まれたくないのなら、畑に入れないよう頑丈な塀でも作っておけ」

というのと、同じ理屈を展開するのです。

でもこれは、
「盗んではいけない事を承知しながら、盗める状況にしておいた被害者の非を責め、自分に罪はないと開き直る」
という事で、どうみても通用しません。

ただ、畑だけでなく野菜の無人販売所もそうですが、人の良識を信じる事で成り立つ生産や経済が、日本にはまだあります。
ネットの世界でも、個人ブログレベルでは、私はまだ性善説を信じていたい部分が多いです。
でも今後の事を考えると、自分の猫ブログでもしっかりと書いておくべきなのだろうなと思いました。

■パクられる事で生じる実害

今回、写真をパクられて生じた被害、というのは微々たる物です。
しかし、精神的には結構困った事にもなりました。

・あのパクリサイトと私が繋がっている
・あのパクリサイトは私が作った

などという誤解を生みかねず、というか今回最初に報告があった際には、報告者さんからは私とそのサイトとの関連をまず疑われてしまいました。
そしてですが、あの愛ちゃんの写真をパクリサイト側が使用する事によって、いかにも著作権や所有権が向こうにあると、外部から誤解されても困ります。
もしくはあの愛ちゃんの写真は著作権フリーと誤認されて、あちこちのサイトで使い回される事になりかねません。

経験上、困った方向に進む可能性はゼロでは無い事は確かなのです。

こういうのを野菜ドロボーさんには想像出来ないと思いますが、そもそも自分の家の猫の写真が好きなように使い回されるのは嫌な物です。
世間には猫嫌いの方も相当数いて、酷い加工をする悪趣味クリエイターもいるのですし。

■当ブログにおける著作権について

ただ、当ブログの著作権については、かなり緩い感じにはしておきたいのも正直な気持ちです。
というのも、当ブログの写真を使用される方の多くが、「可愛い猫写真」として紹介してくれているからで、そういう方にとやかく文句を言うのはやめておきたい。

というか、他にも可愛い猫がいるのですから、その中からうちの猫を紹介してくれてありがとう、という気持ちは捨てたくないのです。
一方で、先に述べた弊害があるので、今後はこういう感じにしておきたいと思います。

●個人サイトや個人ブログ、まとめサイトなど非営利サイトの場合

以下を守ってくれる場合、
当ブログの猫写真を無許可で紹介や掲載してくださって構いません。

  • 出典(当ブログ名もしくはURLリンク)を写真の側に明記する事
  • 悪意のある引用や説明、写真加工等をしない事

上の2つを守ってくれる場合、私に連絡も承諾も不要です。

■商用サイトやアフィリエイトサイト、ポータルサイトなど営利や集客を目的とするサイトの場合

  • 原則、連絡と承諾のステップをお願いします
  • 無断使用はご遠慮下さい

過去、選挙企画用で無償貸与した事もありますので、いろいろと事情説明さえいただければ協力はしています。
ブログに掲載している写真は一部のみで、印刷にも使えるRAWデータで撮影しています。
ブログ右枠に、連絡フォームがありますので、それを使用して下さい。

■サイベリアンの写真を探したい方

実は、最初に述べたパクリサイトを、素人か底辺、と言ってしまったのは、今は合法的に猫写真を買う事が可能だからです。
世界中に無数にある写真販売サイトで「siberian cat」で検索してみれば、一杯出てきます。
(それを知らない、もしくは十数ドルの金を惜しむのは、やはりモグリとしか言えません)

費用対効果として、こういう写真販売サイトで買うのが結果として一番割安と思われます。
それ以外の方法として、

・サイベリアンのいる猫カフェで、許可を取って撮影する
・サイベリアンを飼っている方に連絡を取り、写真の提供か撮影の許可を請う

いろいろと、考えつく方法はあると思います。
しかし、一番安易で安上がりな方法として「他人の写真をパクる」のは、結局のところ一番損な結果を招きます。
野菜ドロボーさんには、このままではそれなりの授業料となるリスクをお考えの上、気づき次第ご連絡下さい。

近日、ページ右枠に、改めて著作権について記載しておこうと思いますが、取り急ぎ書いておきました。

にほんブログ村 猫ブログ サイベリアンへ にほんブログ村 猫ブログ ラガマフィンへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年1月22日 (金)

フードボトルのラベル作成

愛ちゃんの推定受胎日(先月のクリスマスイブ)からひと月近くが経ち、
体にも目に見えて変化が。
 
Ai_nippple Yume_nipple
愛ちゃん 夢ちゃん
 
姉妹の夢ちゃんと比べて、乳首が4~5倍の大きさになっており、今後もさらに発達しそうな様子です。
そして食欲もかなり旺盛になってきました。
私の顔を見る度に「ご飯食べたい」という表情をするので、
効率性を考えて、栄養価の高い子猫/妊娠期用フードも与える事にしました。
 
ただこれに伴いキャットフードの袋や銘柄管理が煩雑になってきており、
今回、ボトルのラベリング、プリンタで楽にラベルを作ってしまう事にしました。
 
 
■用意するもの
01
 
定規とカッター、カッティングマット、はがきサイズのラベルシール、デジカメとフードボトルを用意します。
デジカメ以外はダイソー(100円ショップ)でそろいます。
 
02
 
こんな感じでキャットフードの袋のロゴなどを撮影。


03
 
今回はエレコムのサイトのウェブ版のラベルプリントアプリを使用。
パソコンにインストールしなくても、すぐにラベル編集・印刷が可能です。


04
 
ラベルプリントアプリにデジカメで撮ったロゴ写真を貼り付けます。
今回、上下に同じものを貼り付けて用紙を節約してます。

05
 
印刷完了。

06
 
カッティングマットに乗せて

07
 
カットします。

08
 
ボトルに貼り付けて
 
09
完了。
 
撮影からここまで5分ほどです。
携帯でもそうですが、デジカメは今は、メモ代わりに手軽に記録する使い方が
当たり前になってきてますね。
 
※著作権について
ここで著作権について少し説明しておきます。
ロゴ等を複製する行為は、厳密には著作権や商標権を侵害する可能性のある行為です。
しかし、自分の購入した商品の室内整理用として該当商品ロゴを撮影、私的利用する程度では、
商用ラベルの明確な権利侵害を問うまでは至らないと思われます。
(これが例えば、ラベルを制作し他人に譲渡販売したりすれば、侵害行為に問われるものと思います。)
つまり家で自分で使う分には問題ないと思って差し支えないと私は思います。

で、ここで何故か太郎丸氏覚醒。
ラベルをもっとカッコよくしようとして、Photoshopとイラレ出動。
10_2
フォントもそれっぽく作ってまいります。

11
 
A4で印刷。

12
13
コーナーを丸カットして、

14
 
完成。
やり過ぎな気もしますが、これならば銘柄を間違って与える事もなく、
すっきり整理整頓して管理が出来そうです。
にほんブログ村 猫ブログ サイベリアンへ にほんブログ村 猫ブログ ラガマフィンへ
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月19日 (火)

マコ姐さん

先日のエントリーでも少し触れましたが、実は我が家では少しずつ、
避妊・去勢計画を進めていました。

去年は書くタイミングを逸していましたが、
 
既に夢ちゃん
Yume1
 
およびマコちゃん
Mako1
 
 
この2にゃんは、手術を完了しておりました。
 
猫たちの生殖能力を奪いたくない、そういう私たちの気持ちにも
タイムリミットは存在していて、その期限が訪れていたのも
先日書いた通りです。
 
日ごろ独立行動を好む猫の習性的に、生殖時にのみ異性に自身の居場所を知らせる事、
スプレー行動は、室内で飼う際に悩みの種となります。
 
家具類や電気製品、さらには布団や衣類まで。
猫の強烈な尿臭は、家にも染みついたと思います。
 
私たちは頻繁に家具を捨て、大きめの洗濯機を買い、コインランドリーを往復。
そうやって5年近くが経過しました。
 
いつか書くと思いますが、それなりの私の考えや思い、経験でそうしていたのです。
それにつきあってくれる妻には、本当に感謝しかありませんが、
そろそろ、そういう私の我儘もおしまいの時期でした。
 
手術後、夢ちゃんはほとんど変わらず。
サカリの行動をしなくなった以外は、いつもの夢ちゃんです。
 
 
しか~し、
マコちゃんの方は大きく変わりました。
手術内容は、普通によくやる「睾丸摘出手術」、ちょっと下品な言い方をすれば「玉抜き」です。
 
人間の自分にあてはめてみれば、玉を抜かれるなんて身の毛もよだつ出来事です。
男のアイデンティティを失うなら、死んだ方がマシ、と思ってしまうくらい。
いや、抜かれたら新宿2丁目で第二の人生、という冗談さえ言いたくない。
 
 
閑話休題。
 
ちょっとだけ自分出ししてしまいますと、学生自分の時代はこんなヤツでした。
(年月の経過で今は全く別人の風体なので、自分バレはしないと思いますです。)
当時生まれたばかりの姪っ子と映ってます。(その姪っ子も今は人妻でお母さん。)
Old
 
大学1年時の自分は通学で都営新宿線を使用、途中新宿3丁目や2丁目を歩く時もあって、
そういう時に危険な目に遭った事もございました。
 
いきなり中年リーマンに襲われそうになったり、
腐女子が喜びそうな白人金髪男性に電車で痴漢されたり。
かと思えば109前で、少し怪しい事務所にスカウトされそうになったり。
全くのノンケなのですが、結構誤解される事もしばしばでした。
 
Old2

当時の自分は、こんな感じで大学に行きつつもサーキットに通い、
バイクレースに出場していた健全なスポーツ少年、だったんですけどね。
 
で、過去の経験から、そういうオネエ系ややおいへの拒否反応が強くて、
「オレは男だぁ!」というアイデンティティが強烈に内蔵されております。
(もしジャ○ーズに入っていたら、多分某社長の夜這いに逆切れして
暴力沙汰を起こしたかも、と良く妻と馬鹿話してました。)
 
で本題に戻りますが、サイベリアンのマコちゃんも、
強烈にオスのアイデンティティのある子でした。
人に対する警戒心が強く、時として狂暴になるのは、我が家に来るまでの育成環境に加えて、
オスの本能が強く作用している、それは前からわかっていて、
特に人間の雄である私には拒絶傾向が強かったのです。
「男なんかに触られたくねー!!」
って感じなのかも知れません。
(それは自分でも良く判る心情でございます。 )


 
しかし、です。
玉抜き後のマコちゃん、こんな感じに変貌しました。
 
Mako6
 
すりーっ。
 
Mako7

するりーっ。

 

 
今まで、体を触らせず、接触も激しく嫌ってたマコちゃんが、
私の膝にスリスリします。
 
目つきもなんか少し、穏やかになったと言うか、
人間男性でもアッチ系の顔特有のトロンとした目つきを彷彿させるような、
なんかギラギラ感が全くない顔つきになってしまいました。
 
Mako3
 
つぶらな瞳。
 
Mako2
 
これが5歳のサイベリアンなんですよ。

Mako4
 
毒気の抜けた顔、というかまるで少女です。

Mako5
 
マコちゃん、玉抜き後は「おネエ」になったような、そんな感じです。
あれだけ嫌ってたお風呂も、激しく抵抗はしなくなり、噛まれる事もなくなりました。

夢ちゃんにいじめられるので、まだヒッキーは治っていませんが、
でも私たち人間にはすごく甘えるようになって、なんていうか第二の猫生を楽しんでるようです。
 
その変貌ぶりに、私たちは愛着を持って「マコ姐さんだね」などと言う事も。
 
当ブログには時々、「サイベリアン 狂暴」という検索キーワードで来る方が
いらっしゃいますが、もしオスのサイベリアンをお飼いの方で、
かつてのマコちゃん同様の悩みをお持ちなら、玉抜きで改善される可能性は低くない、
と思う次第です。
 
 
おまけで、避妊手術後も変わらぬ夢ちゃんの写真もアップしておきます。
 
Yume2
実は、撮影する私に、マコ姐さんがスリスリしています。

Yume3
 
オネエになったマコちゃんを警戒しつつ、

Yume4

冷たい目で見る夢ちゃんです(笑)
 
 
 

にほんブログ村 猫ブログ サイベリアンへ にほんブログ村 猫ブログ ラガマフィンへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月11日 (月)

家族会議

一昨日土曜日の、降って沸いた愛ちゃんおめでた事件。
我々夫婦も、これからの事を話し合う事にしました。

おめでたが判った土曜、実は妻はいきなりもう、
水天宮で(自分が)安産祈願して貰うと言い出しますし、
私は私で猫を連れて行ってご祈祷して貰える所あるかと調べ始めたり。
なんかドタバタで、どう見ても誤った方向に進もうとしてました(笑)。

育児慣れしていない中年夫婦が慌てふためいてもろくな事になりません。
少し頭を冷やした後、取りあえず要点を箇条書きにして、
冷静に考えようと言う事になりました。
まずは妊娠中の生活環境について、考えます。

■ストレス対策

神経質な愛ちゃんにとって大敵なのはストレス。
他の子達との同居性活は時折イラつくようなので、一匹生活の時間を作って上げる。
一方で、寂しいのも嫌がるので夜は私が一緒に寝る。(冬はコタツ寝する私の上で寝るのが大好き)

■コタツについて

今までコタツ布団にタケちゃんがスプレーして毎回大変だったので、近々リビングのコタツは撤去予定でした。
しかし日頃愛ちゃんがコタツを好み、また一方で自宅出産ではコタツの中で行う可能性も高いので、今シーズンでコタツ布団は使い捨て予定にしてコタツは存続。

■キャットタワーの撤去

Tower 狭い場所でも置けて重宝していた現在のキャットタワーですが、身重な身には少し危ない作りです。
着地を失敗したり、お腹に衝撃を受けたら危険なので近日撤去する事にしました。

■新規キャットタワー

現状より安全で、子猫でも遊べるような低めのタワーの新規購入を検討していますが、中国製の安価なキャットタワーには、接着剤の強烈な臭いがする物が有り、ホルムアルデヒドリスクの疑惑が拭えない。
胎児への悪影響を避ける為、高くても国産品を購入するようにする。

■食餌

妊娠中の猫には、妊娠期用や子猫用などの栄養価の高いフードを与えるらしいですが、子宮内の胎児数が少ないと、胎児が過剰に成長して産道を通れないリスクも生じる。
この為、今は無理に栄養価を上げるのでは無く、不足しがちな栄養素を考えるだけにしておく。
次回は2月のバレンタインデー頃に受診予定で、その際に改めてエコーを撮る。

■医師との連絡を密にする

先述のように2月半ばに再度通院する予定だが、多少でも異常を感じたりトイレに異常があったら即座に医者に連れて行く。
難産など、場合により帝王切開の可能性も考えておく。

(妊娠出産ではペット保険は使えないので、全額自己負担になります。)

■安産祈願

気休めと判っていても、絵馬を吊したりお守り程度は買っておこう、と冷静に考える事に。
猫で有名な水天宮へ行く事になると思います。

その後はもう、話が飛躍して子猫の名前をどうするのかとか、どんな子が生まれるのかとか、
完全にお爺ちゃん、お婆ちゃんモード。
自分たちの娘として育ててきたので、孫というのも決して間違ってはいませんけれど。
もし沢山生まれても、親戚や友人関係で引き取って貰えそうです。(年賀状効果ありw)

でもやっぱり浮かれてばかりいられない。
猫はもともと難産になりやすいといわれていて、
これから2ヶ月間、精一杯見守りたいと思います。

にほんブログ村 猫ブログ サイベリアンへ にほんブログ村 猫ブログ ラガマフィンへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月10日 (日)

新しい命

金曜日、ちょっと愛ちゃんの様子に違和感を感じました。
もともと、私には甘えん坊なのですが、ここのところさらに依存度が高い。
身体を擦りつけて、コミュニケーションを求めてきます。

日ごろ高潔で、過剰に人にベタベタしない愛ちゃんなので?と思いました。
そして胸を持って愛ちゃんを抱きかかえた時に、ちょっとまた違和感。
乳首当たりが変に感じたので、よく見ると、いつもより少し大きくなってます。

もしかしたら、と土曜日にお医者に連れて行くと...。

愛ちゃんのお腹に、新しい命が宿っていました。

Echo

真ん中より左のやや丸い影が頭部のようです。
妊娠2週間ちょっと、受胎日はクリスマスイブ頃が濃厚で、クリスマス・ベイビーって事になります。

見たところ、1頭のみ確認できるとの事。
しかしまだ妊娠初期で非常に小さく、大きさもまだ1センチ余りで、
頭数もはっきり断言できないとの事、というかこれだけ早く、良く気づいたという感じであったようです。

相手はおそらく、コイツ。
Papa

1歳ちょっとでパパになりやがりました。
中身はまだガキ丸出しなボクちゃんですが、やる事はやってたようです。
(ラガマフィンなので、子供は雑種となります。「ラガベリアン」って感じでしょうか。)

Ai

ママになった愛ちゃんは、病院の待合室でも大人しい。
病院で良い子にしていれば、ちゃんと早く帰れる事を理解しているようです。

「帰ったら、お赤飯だね」と妻はつぶやきました。
これは私たち夫婦の、素直な気持ちです。

でも、喜んでばかりはいられません。
先生には、頭数が少ないほど難産の可能性が高い事も告げられました。

もともと実は、年齢的な問題もあって来月の誕生日を過ぎたら手術を考えていたところでした。

猫として、生き物として生を受けた以上、子を残す能力はギリギリまで奪いたくない。
可能ならば子孫を残させてあげたい。

これは里親の私たちの願いでもあると同時に、エゴである事も自覚しています。
タイムリミットぎりぎりで宿った命と母体に対し、私たちはそのエゴの責任を全うしないといけません。
これから出来るだけの準備や配慮をしなければと考えています。

にほんブログ村 猫ブログ サイベリアンへ にほんブログ村 猫ブログ ラガマフィンへ

追記:
この先起こりうる、いろんな問題を考えると、内緒にしておく事も考えましたが、
このブログの本来の目的が「将来の自分宛」の記録なので、やはり書く事にしました。
もし、不快に思う方がいたら、ご容赦下さいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月 1日 (金)

謹賀新年

明けましておめでとうございます!

仕事柄、PCでいろんな物をつくります。
例年、年賀状も相手に応じて何種類も作ってまして、
今年の下のは制作時間5分(笑)

一番手抜きで脱力な感じですが、個人的には一番のお気に入りです。

Photo

皆さんも宜しければ貰ってやって下さい。

という事で、本年も宜しくお願いいたします。

にほんブログ村 猫ブログ サイベリアンへ にほんブログ村 猫ブログ ラガマフィンへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »