10.猫のお風呂

2016年7月15日 (金)

はじめてのお風呂:生後69日目

7月15日AM3時。
タケちゃんが軟便で、後ろ脚が汚れてしまっていることに気づき、
急きょ足だけシャワー。
全身シャワーのほうがよほど大人しいのですが、苦労してシャンプー&ドライ完了。

同日AM4時。
タケちゃんのシャンプーが完了し、一息ついていたら、廊下を歩く子猫の姿が。
そのまま妻のクローゼットに侵入→捕獲に行った妻が絶叫。

桃ちゃん、和服箪笥の隙間に入って全身ホコリまみれになってました。
急きょお風呂場に連行し、夜明け時に生まれて初めてのシャワーとなりました。

Momo01

ママ、パパの子猫時代にも使った赤いたらいが今回も登場。
パパもママも良い子でした。(パパママの様子は以下をご覧ください。)

ママの初めてのお風呂:2010年4月22日

パパの初めてのお風呂:2015年1月19日

Momo02

さて、まずは汚れの目立つ四肢、そしてお尻をシャンプー。

Momo03

次にシャンプーを溶かした湯桶に浸します。

Momo04

ちゃんと肩まで浸かろうね。

Momo05

猫肌よりも少し暖かいお湯。初めての経験で、戸惑っています。

Momo06

Momo07

1年半ぶりの濡れ子猫。パパの子猫時代を思い出します。

Momo08

うーん、かわゆいです。

Momo09

Momo10

Momo11

私のシャンプーよりも高い猫用シャンプーでボディウオッシュ。

Momo12

綺麗になっていきます。

Momo14

パパ同様、毛玉がすごくなりそうなので、予防措置でリンスに浸します。

Momo13

綺麗な毛並。

Momo15

お風呂場の外で待機していた妻にバトンタッチ。お湯切りをします。

Take01

パパのタケちゃんの居る、リビングへ移動。

Momo16

リビングで乾かします。

Momo17
タケちゃん、息子をじっと見てます。

Momo18
息子が心配で、近づきます。

Momo19
「どうしたんだい?」と優しく尋ねるパパ。

Momo20

息子が心配で、ずっと寄り添います。

Momo21

布団乾燥機でのドライ時にも、遠巻きに息子を見守ります。

Momo22

Take02
息子を見守る、優しいパパです。

Momo24
顔にもかなりホコリをかぶっていたので、タオルでフキフキして仕上げです。

すでに明るくなった早朝、育児室に戻します。
Momo25

ママが心配して駆け寄ります(というか、このママが育児室のドアを開けた犯にゃん)

Momo26
シャンプーとリンスの匂いを嗅いでいます。
賢いママは、部屋を脱走した結果、シャンプーさせられたと判ったはず。

Momo27

肝っ玉の太い息子は、シャンプー&ドライのすぐ後も、平然と朝ご飯を食べます。
この子、実は掃除機も平気で、我が家の中で一番の勇者になる予感です。

にほんブログ村 猫ブログ サイベリアンへ にほんブログ村 猫ブログ ラガマフィンへ にほんブログ村 猫ブログ 子猫へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月19日 (月)

たけちゃんの初めてのお風呂

昨日はマコちゃんをお風呂に入れ、マコちゃんに恨まれてるだろうな~、
などと思っていたら、マコちゃんは案外すっきり。
体のかゆいところが取れて気分よさそうで、良い意味で肩すかしを食らいました ( ̄▽ ̄)

サイベリアンの誠ちゃん

で、本日はタケちゃんの初のお風呂です。
ミルクっぽい子猫の匂いとともに、最近はウン○の匂いも体につくようになってきていて、
早いかなと思いつつも初のお風呂としました。

Dryer

前回紹介しきれなかった新型の我が家の布団乾燥機。
静かです。
タケちゃんはまだ何に使うかは知らない状態。

で、今日は妻が外出中なので、全部一人でやります。
アシスタントがいないので、いろいろと準備してから作業開始。

赤いたらいは、愛ちゃん夢ちゃんが子猫時代に漬かった物。
たらいに張ったお湯をタケちゃんは興味津々。
ラガマフィンのタケちゃん1

まずは四肢の汚れをシャンプーで落とします。

ラガマフィンのタケちゃん2

次にお尻や急所周りを丁寧にシャンプー。

ラガマフィンのタケちゃん3

それらの汚れを落とし終わった後、
たらいに張ったシャンプーに漬けます。

ラガマフィンのタケちゃん4

イヤイヤしながらも、怖がってないです。

ラガマフィンのタケちゃんの濡れ子猫姿
↑濡れ子猫、萌え~。可愛すぎ。

ラガマフィンのタケちゃんの湯船

初めてのお風呂はあったかいね~。

ラガマフィンのタケちゃん7

シャンプーを洗い落としてお湯切り。
そして空のバスタブ内でタオルドライ。

ラガマフィンのタケちゃん8

布団乾燥機のノズルを当てて乾かします。
女子組の子猫時代と同様、グルーミングブラシでとくと簡単に乾きます。

ラガマフィンのタケちゃん10

スイスイと乾いていきます。

ラガマフィンのタケちゃん9

乾いたら膝の上でまどろみます。
ゴロゴロ言ってます。

ラガマフィンのタケちゃん11

で、乾ききったら上機嫌なのか、急に走り出しました。

ラガマフィンのタケちゃん13

ケージの上も横も縦横無尽に走ります。

ラガマフィンのタケちゃん12

さっぱりして元気いっぱい。
やっぱり男の子です。

ラガマフィンのタケちゃん14

延々と落ち着かないので、一時ケージに収容。

ラガマフィンのタケちゃん15

ようやく落ち着いてくれました。

ラガマフィンのタケちゃん16

白い被毛がより白くなりました。

ラガマフィンのタケちゃん18

うーん、天然イケにゃんです。

ラガマフィンのタケちゃん17

今日は寒い日ながら、無事シャワー完了。
タケちゃんも、大好きとは言わないながらも、シャワーを拒否しない子とわかって
ひと安心です。

にほんブログ村 猫ブログ サイベリアンへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月17日 (土)

マコちゃんお風呂作戦

現在4にゃん体制となった我が家。
私たち夫婦はそれなりに幸せな毎日を過ごしていますが、
猫たちの中では少し問題が発生しています。

マコちゃんは昨年ずっと、女子組から敬遠されています。
愛ちゃんも夢ちゃんも、マコちゃんには「臭いよ」「キモイよ!」という態度を取ります。

以前、トリマーさんにサマーカットしてもらった後のリア充生活は、
そう長くは続きませんでした。

サイベリアンの誠ちゃん_old

おそらく原因は、「不潔メン」に戻ってしまった事。
マコちゃんは普段自分でグルーミングはせず、ちょっと油ギッシュな男の子です。
私たち人間が綺麗にしてあげるしかないのですが、生育環境のせいか人に触られるのが嫌い。
少しでも無理に体を固定しようものなら激しく興奮して猛獣に変身してしまう。
普段は大人しく内気な男の子なのに、こうなると手が付けられない。
爪を切るのでさえ、かなりの格闘というか、戦闘なのです。

マコちゃんの発達した顎で過去、私は手を数回噛まれました。
牙が根元までグッサリ入って、手が紫に腫れました。
そのたびに医者からは、「またですか」と笑われたり。

トリマーさんにお願いするのでも大変。
興奮していて断られた事は少なからず、獣医さんの所で鎮静剤を余儀なくされる事もあります。
しかし小動物への鎮静剤はリスクがあるので、そういうのはしたくない。

結果としてマコちゃんは再び汚れるままに...。
不潔なキモ男では、いとしの愛ちゃんに振り向いてもらえないのに、
本猫はそれをわかってない。
夢ちゃんからも敬遠されて、最近は失意の日々です。

サイベリアンの夢ちゃん


で、親バカな自分は決心しました。
マコちゃんにこれ以上嫌われるのが嫌で、強引なシャンプーは自粛していた自分です。
でも、完全に嫌われてもいいから、清潔な体にしてあげようと。

「心を込めればどんな動物でも判ってくれる」というのは、ある意味幻想です。
獣モードで恐怖に支配されている場合、愛情は無力。
長時間優しくダラダラとやるよりも、軍隊的にビシバシとやって恐怖の時間を短くしてあげる。
道具の力も借りて素早く行い、メンタルのダメージを極力減らす。

そう考え直して、以下の道具を準備しました。

まずペット用のバスタブ。
Bathtab

これは今回はメインでは使いませんが、女子組のシャンプーでは非常に役立つアイテムです。
女子組の場合は、シャンプーを溶いた状態で肩まで漬からせマッサージするだけで綺麗になります。
今回マコちゃんのお風呂では、シャンプーを溶いて湯桶でお湯掛けするリザーバーに使用しました。

次はファンタジーワールドのキャットマズル、Mサイズ。
Catmuzzle

Amazonで購入しました。
メーカーURLはこちら
手を噛まれないための防御、そして視界を覆う事で興奮を抑えるアイテム。
今回は、その役割を果たしてくれました。
穴が開いているので、息が苦しくないのも良く考えられています。

次に猫洗い用ケージ。
Shampoocage

これもAmazonで購入。
今回、非常に役立ちました。

最後に、魚釣り用のシリコンラバーネット。
Net

興奮したマコちゃんに噛まれずに捕獲するためには、ネットしかないのが現状です。
網は太く柔らかいシリコンなので痛くなく、体に優しいネットです。
これで動きを抑えてキャットマズルを装着、猫洗い用ケージに誘導しました。

で、実践です。
バスタブに張ったシャンプー入りのお湯を、手桶ですくってかけて被毛内に浸透させて、
後はカゴの隙間に指を入れて揉み洗い。
Shampoocage_1

キャットマズルで視界を覆われていて、大人しくしてくれています。

Shampoocage_2

その後キャットマズルを外して、シャンプーを洗い流しました。
写真が足りませんが、短時間勝負なのでゆっくり撮ってるヒマなし。

ここから妻にバトンタッチ。
猫洗い用ケージをお湯切りし、隙間にタオルを入れてタオルドライ。

Dry1

バスタブにケージを乗せて、布団乾燥機で乾かします。
(今は布団乾燥機は買い換えて、より静かで風量が大きなものを使用)

Dry2

もう少しで出られるからね!

Dry3

下から風を当てて、お腹もドライ。
素早く効率的に作業完了!

サイベリアンの誠ちゃん_after

自室にしてる三段ケージに籠ってグルーミング中のマコちゃん。
女子組の場合はさらに細かくドライしてあげますが、マコちゃんには荷が重いので、
このまま自分でするに任せました。

イケ面猫、イケにゃんになれるよう、頑張ろうね!

夫婦でドタバタしてる最中、タケちゃんはケージに隔離でした。
Take

もう少し大きくなったら、タケちゃんもお風呂だね。

にほんブログ村 猫ブログ サイベリアンへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月28日 (月)

ひさびさのお風呂

  Photo
ソファでお昼寝の愛ちゃん。

Photo_3 
同じく夢ちゃん。

昨夜はひさしぶりに猫たちをお風呂に入れました。
今年は寒い日が続いたせいもありますが、
清潔好きなこの子たちには、日頃はブラッシングだけで十分な気がしています。
イレギュラーな汚れがつかない限りは、
まめにシャワーはしなくても良いかも知れません。

で、昨夜はそのイレギュラー発生。
愛ちゃんが特大毛玉を吐き、脚や口周りが汚れてしまったので、
お風呂決行。

でも久々のお風呂です。
以前はお風呂を嫌わなくて助かりましたが、
今は大丈夫か少し心配です。

その為に少し配慮。
1

シャワーヘッドを外してしまいます。

2

お湯をかけるにはシャワーヘッドがあった方が楽です。
でも、猫の多くは、シャワーの「シャー」という音が嫌い。
猫が本能的に警戒する、他の猫や爬虫類の威嚇音に聞こえるという説もありますが、
我が家に居た猫のほとんどが、このシャワーの音が苦手。

シャワーヘッドを外してホースでお湯をかける事にしました。
ホースからは「ジョロロー」という音しかしません。
これが功を奏したのか、猫たちはシャワー中、ゴロゴロと上機嫌です。

特に愛ちゃんは、「体を洗ってくれている」とちゃんと理解している様子で、
シャンプーする私の手に体を委ねてくれました。
まるで犬みたいな理解力ですね。

1_2
仕上げに湯船に浸かって、落としきれないフケや毛を流します。

2_2
いい湯だね~♪

次に夢ちゃん。
2_3

水を弾く毛質なので、丁寧にシャンプーします。

1_3
夢ちゃんもゴロゴロ言って上機嫌。
話しかけながら、褒めながらシャンプーするのがコツです。

3

毛も乾いて美人度アップしました。

にほんブログ村 猫ブログ サイベリアンへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月11日 (火)

緊急シャワー

猫を室内飼いすると、緊急でシャワーを浴びさせる場面に遭遇します。
禁断の場に入って全身ホコリだらけになったり、
トイレの都合で身体が汚れてしまったり。

今日は仕事で疲れて、早めに寝ようとした我々夫婦。
先に私がベッドで横になっていると、
愛ちゃんがトイレの砂を掘っています。

豪快にザックザックと掘り、用を足します。
その後また豪快にザックザックと掘り、
また用を足そうとします。

2回に分けるなんて変だな、と思ってみてると、
愛ちゃんはお尻をカーペットにこすりつけるようにして
こちらに歩いて来ます。

もしかしたらと思ってカーペットをよく見たら、
愛ちゃんのお尻あたりから、
一条の茶色い線がカーペット上にひかれています。

愛ちゃんの両脚を持って、お尻を確認。
切れの悪かった茶黒い物体がお尻に付いています。
(夏用に買ったばかりのカーペットは、即洗濯行きです。)

苦笑いしながら妻を呼び、緊急シャワーと相成りました。

2回目のお風呂は、好きとは言わないながらも、
愛ちゃんも少し慣れた様子で、私もさっさと洗います。
汚れたお尻周辺を良く洗い、全身をブラッシングしながら抜け毛も流します。

今回はシャワーの仕上げに、
余裕で脚が付く水位に調整した湯船の中で、
軽く歩いて貰いました。
水中を少し歩くだけで、流しきれなかった抜け毛やフケが落ちます。

1_2 
怖がらず平然としています。
2
水中でフレアしたしっぽ、太いです。

さて夫婦でバタバタと愛ちゃんのシャワーをしている間、
一方の夢ちゃんは禁断の場所へ行っていた模様。

我が家の寝室兼リビングと、私の仕事部屋には、
壁に穴を開けた猫用通路が存在します。
以前、先代猫の為に、大工さんに作ってもらった物です。

ただ、この子達にはまだ私の仕事部屋は危険な物が多く、
猫用通路は閉鎖していましたが、
閉鎖した隙間から侵入してました。

締め切っていた通路のホコリを全身で被っています。
夢ちゃんも全身シャワーコースになりました。

夢ちゃんも2回目のシャワーで慣れた感じです。
同じく仕上げに湯船で歩いて貰います。

Photo

同じく脚が付く高さですが、夢ちゃんは軽快に泳ぎ始めました。
さすが夢ちゃん、期待以上のリアクションでナイスです!
(つーか、最初はびっくりしましたけど、本当に水を嫌わない子たちです)

そして2匹の娘はイヤイヤしながらも、乾燥作業にも慣れてきました。
乾燥後、身体がスッキリして上機嫌。

Photo_2
スッキリ爽快な気分になって私達に甘えてきて、スヤスヤと眠ります。

シャンプーを激しく嫌がる猫は沢山いて、
業者さんに頼む飼主さんも中にはいらっしゃると思います。
しかし猫のシャンプーって、
業者さんに頼むと結構な値段がします。

個体差は当然あると思いますが、
お風呂で苦労しないサイベリアンって、
飼い主(の懐)に優しい猫かも知れません。

この子たちに投票いただけますと幸いです!
にほんブログ村 猫ブログ サイベリアンへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月22日 (木)

初めてのお風呂

昨日、神奈川は気温が25度近くまで上がり、汗ばむ陽気。
子猫たちに初のお風呂を浴びさせました。

まずは愛ちゃんから。

サイベリアンらしく水(お湯)は怖くない。
でもシャワーの音は苦手のようです。
Photo

やさしく丁寧にシャンプー後、お湯に漬けます。
2
湯船もまんざらでもなさそう。

Photo_2
きれいな毛です。

2_2
濡れ猫~。

Photo_3
猫専用にしたバスタオルでフキフキ。

Photo_4
25年モノの布団乾燥機。
ドライヤーを怖がる猫用。黄色いノズルから出る風をドライヤー代りに使用。
風は熱すぎず、音も静かで風量があります。
先々代のミーちゃん親子、先代のモカも使った、
我が家の猫用お風呂用品です。

Photo_5
愛ちゃんの受難を余所に、夢ちゃんは涼しい顔。
次は自分の番とも知らず....

Aichann
愛ちゃん、乾燥作業から解放されてプチ放心状態。
80年代暴走族レディースの様な雰囲気が漂います。

Photo_6

Photo_7
その後グルーミングに突入。

次に夢ちゃん。
Photo_8
桶に張ったお湯に興味津々でしたが、
やはりシャワーの音が苦手。

Photo_9
お湯に漬かるのは、こちらもまんざらではなさそう。
いつか家族一緒でお風呂に入りたいね。

Photo_10
こちらもやさしくシャンプー。
長毛猫の宿命で、かゆくなる首周りを良く洗います。

Photo_11
こちらも濡れ猫ですが、
気持ちよいのか夢ちゃんはされるがまま。

Photo_12
フキフキ。

Photo_20
どこかで見たデジャヴ。

Photo_13
既に立ち直った愛ちゃん乱入。

Photo_14
風が顔に当たらぬように注意しながら、布団乾燥機でブローします。
この子達の毛はグルーミングブラシで毛を整えながら乾燥させると、
短時間で乾きました。

Photo_15
乾燥が終わって開放後、即グルーミング開始。
愛ちゃんは既にウトウト。

お風呂上がり後のスッキリ幸せそうな寝顔。
猫達のこういう顔が嬉しくて、バカ親達は苦労してシャンプーさせます。

Photo_16

Photo_17

Photo_18
Photo_19

我が家に来て初めてのお風呂。
白い毛が綺麗な白に戻り、二人とも縞模様がはっきりとして美人度アップ。
初のお風呂は無事終了しました。

水を怖がらないサイベリアンとはいえ、
初めてのお風呂では人間側も緊張します。
水を嫌わないか、人間不信にならないか、
そして湯上がり後に風邪をひかないか。
体調や信頼関係、そして日中の気温・湿度などを検討しながら、
初のお風呂としました。

さて、この子達はお風呂を嫌わない事がわかって、
また布団乾燥機の風ですぐに乾く毛質な事もわかり、ひと安心。
これから、定期的にお風呂に入って貰いますよ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)